Je M'appelle まっぷる 【聖地巡礼】Go!プリンセスプリキュア聖地巡礼 ~江戸東京たてもの園・子宝湯~ & 強化週間まとめ
FC2ブログ

【聖地巡礼】Go!プリンセスプリキュア聖地巡礼 ~江戸東京たてもの園・子宝湯~ & 強化週間まとめ

石神井公園に続きまして、2016年3月・プリキュア聖地巡り強化週間、第6弾は

ブログたてもの園002a
『Go!プリンセスプリキュア』の聖地…と思われます、江戸東京たてもの園にある
展示用の銭湯、「子宝湯」です。


 ☆  ☆  ☆


江戸東京たてもの園はJRの武蔵小金井駅(または東小金井駅)から徒歩20分ほどのところにある、かつて実際に使われていた/人が住んでいた/お店を営業していた etc. 文化的価値の高い歴史的な建造物を移築し、復元・保存し展示している屋外の博物館です。(駅からのバスに乗れば5分で到着します。)

以前にスマプリ聖地巡礼で訪れた台湾九フンの「阿妹茶屋館」などと合わせて、あの『千と千尋の神隠し』の舞台のモデルとなったスポットでもあります。

展示されている建物のひとつに、「子宝湯」という銭湯があります。その外観が、『Go!プリンセスプリキュア』第25話にて、はるかたちが、はるかの故郷で入っていた“温泉”にそっくりなのです。


 ☆  ☆  ☆


劇中できららちゃんはあのお風呂のことを“温泉”と言っていましたが、その外観はどう見ても“銭湯”。きっとこの銭湯にもモデルとなった実物が存在するはずだと考えた私は、東京近郊にある昔ながらの銭湯、もしくはそれを保存した施設を順に検索してみました。すると、似たものが2軒、見つかりました。

一つは、和光市にある「浩乃湯(こうのゆ)」という銭湯。東武東上線 成増(なります)駅から南西へ徒歩15分の場所にあります。『烈車戦隊トッキュウジャー』でもロケ地として使われていた、瓦屋根で煙突のある、あの白い銭湯です。

はるかの実家のモデルである川越市からも、電車を使えば十分行ける距離・・・ではありますし、瓦屋根で煙突のある昔ながらのデザインが、劇中のお風呂と非常によく似ています。
川越市の近郊で、実際に現在も営業されているお風呂がモデルだとすれば、それは間違いなく浩乃湯さんでしょう。

・・・が、もっと似た銭湯が存在しました。それが二つめ、先述した江戸東京たてもの園に保存されている「子宝湯」です。


 ☆  ☆  ☆


西武の石神井公園駅から一旦池袋に戻り、そこからJRで たてもの園の最寄りの「武蔵小金井」駅に向かいました。ただし、この日使っていたJRの一日乗車券「都区内パス」は、この方面だと「西荻窪」駅までしか行けませんので、武蔵小金井駅の改札を出るときに駅員さんに料金をお支払いして乗り越しました。

(注) 都区内パスは機械での乗り越し精算ができません。パスを機械に投入しても返却されてしまいます。改札口の駅員さんに声をかけて、西荻窪~武蔵小金井間の通常料金170円を追加で払ってください。
また、武蔵小金井から区間内の駅(例えば中野駅)に戻る際は、170円分の切符を購入し、(中野駅の)改札を出る際に駅員さんに都区内パスと合わせて提示してください。



駅からバス代をケチって、徒歩20分ぐらいでたてもの園に到着しました。
(注. 私の歩行速度は相当速い方なので、あまり参考になさいませぬよう…)


たてもの園とその周辺は広大な公園や運動場になっています。
当日も遠足の小学生たちが公園に大勢来ていました。
(一般の入園料は400円、中学生以下は無料。その他、高校生、大学生、高齢者の割引がそれぞれ有。)

ひょっとすると雨が降るかもしれなかったので、園内に入ると真っ先に、右奥にある子宝湯を目指しました。とりあえず写真に収めるのを優先します。

ブログたてもの園000
遠目で見ても、子宝湯は存在感があります。


ブログたてもの園001

ブログたてもの園001b
浩乃湯と違って煙突はありませんが、より劇中のお風呂に似た外観です。

ブログたてもの園002a

ブログたてもの園002b
丸を付けた箇所は特に似ているのではないでしょうか。

ブログたてもの園003
屋根の下の装飾の部分は、写真では分かりづらいですが七福神のレリーフが彫られています。

ブログたてもの園004
建物だけでなく、周辺の建物の様子も合わせて、劇中に似ていると思いました。


さて、たてもの園内の建造物は、玄関や土間から中を見ることができるものだけでなく、靴を脱いで屋内に上がれるものも多数ございます。
ブログたてもの園005

ブログたてもの園005b
子宝湯もありがたいことに、靴を脱いで内部を見学できました。

まずは女性の脱衣所。
ブログたてもの園006
中央のショーケースに入っているのは、子宝湯さんが実際に営業していた頃の暖簾です。
男性側との境界は、鏡で仕切られています。

ブログたてもの園007
当時の広告もそのまま。生活に関するものが多い印象です。
天井にはファンがついています。


女湯。
ブログたてもの園008
はるはるたちも、こんなお風呂に入っていたのでしょうか・・・///

ブログたてもの園009
洗い場の仕切り壁に描かれた絵は、昔話の「さるかに合戦」と「したきりすずめ」のようですね。
ここからでも、男湯の壁面の富士山が見えます。


ブログたてもの園010
浴槽はめっちゃ深いです。お子さんやご年配のお客さんは大丈夫だったんだろうか・・・

ブログたてもの園011
風呂場の天井は吹き抜けになっていて、体育館みたいに高いです。



さて、脱衣所に戻りまして、
ブログたてもの園012
男性用と女性用の間にあるのが番台。



そして男性の脱衣所。
ブログたてもの園013
こちらはショーケースではなく、実際の脱衣用の棚とカゴが置いてありました。
鏡の上にはやはり当時の広告が。こちらは女性用とほぼ同じ内容ですが、絵柄などが男性仕様になっています。

入り口をくぐって、
ブログたてもの園014

男湯。
ブログたてもの園015
壁面の富士山は男湯だけに描かれています。

ブログたてもの園016
洗い場の絵は、「平家物語(扇の的)」と「義経・弁慶」ですね。


こうして、劇中に映っていなかった部分を見ることができるのも、聖地巡礼の楽しいポイントです。


 ☆  ☆  ☆


さて、他の建物も順に見学します。ここからはプリキュアに関係ないのでざっくりとしか記述しませんが、

ブログたてもの園020

ブログたてもの園021

ブログたてもの園022

ブログたてもの園036

ブログたてもの園034

ブログたてもの園040

ブログたてもの園041

ブログたてもの園042
昭和の建物から、古き良き日本家屋、シルバニアファミリーみたいな洋風建築、わらぶき屋根のお家など、バラエティ豊かで本当に面白かったです。


ブログたてもの園035
この浴槽なんて、トトロのサツキとメイのお家のお風呂みたいですね。


ブログたてもの園038
写真館もありました。

ブログたてもの園037
レトロなバスも素敵です。

あとは、それぞれの建物内のトイレを比較して見るのも面白いです。



こちらは「鍵屋」という名前の飲み屋さん。
ブログたてもの園017

ブログたてもの園018

ブログたてもの園019

う~む、確かにこうやって見てみると、『千と千尋』で、両親が食べすぎて豚にされたお店に似ているかも・・・


また、
ブログたてもの園029
ブログたてもの園030
三省堂という文具屋さんの内装は、

ブログたてもの園043

ブログたてもの園044
あの釜爺の部屋によく似ていますし、


ブログたてもの園039
和風建築のお屋敷の内装は、千尋たち従業員の宿舎によく似ていました。

ブログたてもの園032
また、こちらの都電7500系は、千尋が銭婆のところに向かう際に乗った電車にそっくりです。
ブログたてもの園033
(よかったら、「江戸東京たてもの園 千と千尋の神隠し」で検索してみてください。)


あ、もうひとつ印象深かったこととして、
ブログたてもの園024

ブログたてもの園025

この路地の真ん中にある、
ブログたてもの園027
木製のごみ箱。この前を歩いていた時、別の見学者のマダムたちとすれ違ったのですが、「あ~、こんなのあったわねぇ~!」「そうそう、東京オリンピックがあるからって、臭いの出にくい金属のごみ箱に代わっていったのよねぇ」と話していらっしゃって、それを傍で聴いていた私はひとり心の中で、「へえ~~~~!」と感心していました(笑)


ブログたてもの園026

ともかく、非常に興味深い博物館でしたので、皆様も是非立ち寄ってみてください。


 ☆  ☆  ☆


さて、たてもの園を後にして、中野へ移動し、中野ブロードウェイを見て回りました。
なんとなく、神戸三宮にある「センタープラザ」に似ているな、と思いました。


その後は、いい加減疲労も溜まってきましたし、あまり帰りが遅くなってもいけないので東京駅に戻り、道に迷いながらもお土産屋さんやキャラクター通りを巡り、ウルトラマンのお店やプリティストアも見てまいりました。プリストは大阪本店の1/3ぐらいの広さ…に思えました。実際はどうか分かりませんが・・・



と、こんな感じで、関東旅はおしまいです。
自宅に帰りついた頃には、一日の歩数が31313歩という、歴代2位のスコアを叩き出しました(笑) 2日間で66000歩近くも歩いたんですねぇ。




長崎からスタートした2016年3月・プリキュア聖地巡り強化週間。改めて振り返ってみると、
1週間のうちに
●スマプリ18話・やよいとパパの思い出の教会、兼、映画ドキプリ・未来のマナの結婚式場のモデル、長崎の大浦天主堂
●NS3でドキプリ組とリボンが待ち合わせしていた、新宿のアルタ前
●ゴープリ25話etc.・はるはるの故郷のモデル、埼玉県川越市 一番街
●ハトプリ23話24話・サンシャイン初登場の地のモデル、荒川の旧岩淵水門
●ドキプリ36話・ラケルと八嶋さんがデートしていた公園のモデル、石神井公園
●ゴープリ25話・はるはるたちが入っていた“温泉”のモデル、江戸東京たてもの園に保存されている“銭湯”「子宝湯」

プリキュア劇中のモデル地だけでも、日本の西へ東へ、こんなに巡ったんですね。


1月の沖縄フレプリ巡礼のブログ記事で「川越や大浦天主堂に行きたい」と宣言しましたが、その言葉に決して冗談のつもりはなかったとはいえ、こんなに早く実現できたことが驚きです。。

みなみさんの言う「夏休みの体験ね」よろしく、「春休みの体験ね」と言うべきでしょうか、
まさに“「今しかできない宿題」を頑張れた”のかなと、たいへん満足しております。


しかし実は、今回の聖地巡りに関連した記録はこれで終わりではありません。
長崎の旅と関東の旅の間の空白の1日にも、戦いがあったのです…

(【自作フィギュア】カラスダくん人形(量産型) へと続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしいリサーチです!素晴らしいです!感動です!

Re:

> 素晴らしいリサーチです!素晴らしいです!感動です!

ありがとうございます!充実した旅行で、これまで実施した聖地巡礼の中でも特に気合いを入れて調べた甲斐がありました。とても良い思い出です^^
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR