Je M'appelle まっぷる 【自作人形】キュアキャンディ(本体)
FC2ブログ

【自作人形】キュアキャンディ(本体)

どうも、MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事はこちら
ブログ用_キュアキャンディ006
『スマイルプリキュア!』第8話「みゆきとキャンディがイレカワ~ル!?」より、
“クルクルきらめく未来の光!キュアキャンディ!”を自作しました。

長らく「作ってみたいなぁ」と思っており、ある程度は着手おりましたが、
妖精という比較的シンプルなキャラクターは、
ちょっと造形を誤っただけでかなり印象が変わってしまうので、
調整に時間がかかり、だんだん面倒くさくなり、
ついつい後回しにして長らく放置しておりました(^_^;)

今回も製作過程の写真はあんまり撮っていませんでした。
ごめんなさいm(_ _)m



えーっと、この人形は結構「単純だけれど説明が難しい」構造なので、
文章がいつも以上に意味不明かとは思いますが、頑張って書きます。。

工程を説明する前に、
先に、完成形をパーツごとにバラした状態を見ていただきましょう。
ブログ用_キュアキャンディ009

◆頭
頭は紙粘土で大まかな形を作り、その上から石粉粘土で覆って彫刻・彫塑しました。
首には、胴体への接続棒となる“チュッパチャップスの棒(久々の登場)”を差し込んでいます。
この“チュッパチャップスの棒”は胴体の一番下まで届く長さに切ってあります。


◆胴体
胴体は石粉粘土のみで作っております。
この胴体には上部から下部までズドーンと穴があいていて、

・上部、すなわち首元には、
先ほど述べた“チュッパチャップスの棒”を差し込んで保持するために
ガンプラの余ったPCパーツ(穴が大きいもの)を埋め込んでおります。

・下部、すなわちスカートの中の部分は何も埋め込んでおりませんが、
“チュッパチャップスの棒”の先端がひょっこり顔を出すようになっています。
ブログ用_キュアキャンディ010
チュッパチャップスの棒は中身が空洞、すなわちパイプ状ですから、
後で、差し込み式の台座とかを作ったときに、そのパイプに差し込むことができるように...
・・・という設計です。


◆手足
手足は、石粉粘土で作りました。
胴体との接続部分の差し込み棒として、アルミ針金を取り付けています。

・足は塗装して胴体に差し込んだ後、接着してしまいました。

・手はポーズ変更用の付け替えパーツを後で作る予定なので、接着はしないでおきました。
(※ただし、アルミ針金部分をボンドで太らせて補強してあります。)


◆カチューシャ、頭リボン、羽根、胸リボン、スマイルパクトキャリー、しっぽ
これら↑は全部、石粉粘土で造型しました。小さいので、なかなかしんどかったですw

・カチューシャ、胸リボン は
本体との接続部分にアルミ針金を挿して位置ずれを防いだ後、ボンドで固定。
でもこの胸リボン、ちょっと分厚すぎたかなぁ...(がんこちゃんの石のリボンかよってw)

・頭リボン、羽根 は直接ボンドでくっつけました。
羽根はもうちょっと角度がまっすぐの方が劇中に近かったかなぁ(^_^;)

・スマイルパクトキャリー、しっぽ 石粉粘土で造形した後、
手パーツと同様の作業を行いました。
ただし、パクトキャリーのリボン部分は別に粘土を削りだしたものを
あとから貼り付けています。


◆耳
耳こそがキュアキャンディのメインでしょう。
くびれ部分の小さいパーツ以外は、
紙粘土で大まかな形を作り、その上から石粉粘土で(略

・くびれ部分の接続
キュアハッピーの髪型同様、くびれがありますね。その部分は
「ガンプラのPCランナーの切れ端=差し込み棒」と
「分厚いビニル皮膜付き針金...の皮膜=差し込み穴」を用いた、
MS-SMILEおなじみの構造です。
ブログ用_キュアキャンディ003

くびれ部分は割とすんなりと作れたのですが...

・頭との接続
問題は頭との接続部分。いや、最初はこの部分も同じ構造にしてみました。
でも、実際に動かしてみると、カチューシャとかリボンなどと干渉してしまうばかりか、
劇中のような自在な動きができませんでした。

そこで、『まなっしー人形』の葉っぱのときのように
ガンプラ余剰PCパーツを使ったボールジョイント式にしようとも考えましたが、
それもテストではうまくいかず...。

色々考えているうちに、
ガンプラのごく普通のPC関節の構造を応用すればイケることに気づきました。
一般的な四角いPCパーツを、穴をあけたプラ板切れ端で挟みこみ、
自作の関節を作りました。
ブログ用_キュアキャンディ004

ただし、ドケチ症のMS-SMILEは、プラ板ではなく、
ミンティアの空き箱を切って使いましたww
(※緑っ鼻アカンベェの足以来。)
でもでも、ミンティアの空き箱って柔らかいから加工しやすいし、
素材自体に粘り気もあるので保持力も抜群なんですよ♪

単にPCをミンティア板片で挟むだけではすぐにとれるので、
昔に使い残ったアクリル板片を小さく切って積層し、
ミンティア板の間に挟んで接着。

以上、頑丈な関節が自作できました。

これを頭部に埋め込みます。(※向きはいろいろ調整しましたよ。)
ブログ用_キュアキャンディ008


一方、耳の付け根には、ランナーの切れ端を適切な太さに削ったモノを装着。
(ベアッガイⅢの黄色いランナーを使用。)
ブログ用_キュアキャンディ007

これをさっきの自作関節のPCパーツ穴に差し込むと...

ばっちり可動!!やったーーーーッ!!
ブログ用_キュアキャンディ019

ブログ用_キュアキャンディ018

ブログ用_キュアキャンディ017


◆塗装
すべてのパーツ製作・やすりがけが終わったところで、
いつもどおりアクリル絵の具で塗装しました。
ただし、胸リボンの金色の部分と
スマイルパクトキャリーの金色のラインのみ、
ガンダムマーカーのゴールドで塗っています。
(パクトキャリーのラインは、韓国旅行のときにもらった
細~い竹製の爪楊枝で頑張って描きました。)

あと、口の中のグラデーションは色鉛筆です。
塗装がすんだら、模型用つやけしスプレーを吹きました。


◆完成形

ブログ用_キュアキャンディ011
前から見た図。
まつ毛はモールドを彫ったところに頑張ってスミ入れ。
目のハイライトは爪楊枝の裏でチョン、と塗りました。

ブログ用_キュアキャンディ012
左から見た図。
ご覧の通り、両足と髪の毛のおかげでちゃんと自立します!

ブログ用_キュアキャンディ013
後ろから見た図。

ブログ用_キュアキャンディ014
背中にはスマイルパクトキャリーを装着。一応尻尾は付け根が動きます。

ブログ用_キュアキャンディ015
右から見た図。

ブログ用_キュアキャンディ016
右手にはアルミ針金で作った「イレカワ~ル」を装着。
緑色の部分はラメ入りのポスカで塗っています。





説明がごちゃごちゃするので後回しにしちゃいましたが、
製作途中の写真をいくつか。

ブログ用_キュアキャンディ005
アタリ線だらけの、ガタガタなころ。
耳がまだ、くびれの位置で分割されていません。

ブログ用_キュアキャンディ001
とりあえず一通りの部品を作ったところ。ガッタガタ。

ブログ用_キュアキャンディ002
やっと耳がくびれの部分で三分割されたところ。
このころは差し込み棒ではなく、アルミ針金での仮止め。
他のお人形さんたちと同時進行の製作だったのでした。



◆感想
いやあ、簡単そうで複雑な構造。なかなかの難産でした。
とはいえ、それなりにかわいいものが作れたんじゃないでしょうか。
オプションパーツとして付け替え用の耳(攻撃用)や、付け替え用の手(名乗りのポーズ)、
ついでに台座の製作も検討しています。
ブログ用_キュアキャンディ020


それらが完成したら、またちゃんとした写真をアップしたいと思います。

☆ULTRA HAPPY☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR