Je M'appelle まっぷる アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~制作記録~
FC2ブログ

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~制作記録~

さて、いつも通りの制作記です。

そもそも、なぜ黄色っ鼻緑っ鼻を同じ記事にしたかと言いますと、
同時進行で作ったので、写真が混在してしまってるからなんです(^_^;)
(厳密には、現在制作中のスーパーアカンベェさんも同時に作り始めました。)

黄色っ鼻緑っ鼻も、基本的には最初のコンセプトに則ります。
ではここで、コンセプトをおさらいしてみましょう。



『アカンベェ立体化計画』

立体化というと唯一、キャラクターショーのアカンベェがそうですが、

僕が欲しいのはデスクに置けるサイズのお人形。
しかも、自由に遊べて、バリエーション豊富で、
かつ、いろんな物に憑依させられるもの。


そして、大まかなイメージが出来上がりました。

それは、

トイストーリーのポテトヘッドみたいな人形(笑)
身体の各パーツを差し替え式にして、バリエーションを増やす!

とりあえず部品を集めることから始めます。ただし、それには制約を設けました。

①材料は、安価なもの,あるいは廃材を使うこと。
②遊ぶ上で自由度の高いものを目指すこと。つまり、ある程度は可動式であること。
③パーツ互換式で、赤っ鼻や青っ鼻の組み換えや、憑依するボディの変更が行えること。
以上が主な制約(?)というか、モットーです☆




上記のモノが、最初の赤っ鼻アカンベェを作ったときのコンセプトです。
というわけで、基本的には赤っ鼻や青っ鼻のときと同じ規格で作っていきます。

まずは目です。赤っ鼻や青っ鼻のときと同じく、
駄菓子屋のプリキュアゼリーのカップで型取りした紙粘土に、
プラモデルのPCパーツのランナーの切れ端を埋め込んで作ります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_002
実は写真に写っているもののうち2つは、
スーパーアカンベェ用に軸を少しずらしてあります。

では、まずは「赤っ鼻や青っ鼻の交換パーツ」として作っていく緑っ鼻さんですが、
いつもは針金を骨格に紙粘土で造形してきました。
ですが今回は緑っ鼻さんの、びっくり箱だかコロ助の腕や脚ような(?)
あの可愛らしい腕や脚を再現するにあたって、
赤っ鼻制作時に材料として最初に買いためておいた、
100円ショップの灯油ポンプを使います♪
007材料

いつも通りの紙粘土製の腕・脚の外側に、
灯油ポンプの管を被せようというわけです。

緑っ鼻・黄色っ鼻_001
今回、肩の差し込み穴にあたる部分を、チュッパチャップスの棒から、
太い針金を切った際に余ったビニル皮膜に変更しました。

これにより、滑り止めが効くわけです♪ ガンプラでいう、PCパーツの代わりです(^^)
旧式の赤っ鼻と青っ鼻は、遊んでいる最中に、
腕がずり落ちてきちゃっていましたからね(苦笑)

紙粘土だけでなく灯油ポンプの重さがある分、
今回は余計に、過去のの反省点を生かしてみました。

とりあえず骨格に薄く粘土を盛ったものを、
本体に装着してみました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_003
口もいつも通りの作り方で、紙粘土に磁石を埋め込んだものです。

徐々に粘土の厚みを増やし、ポンプ管を脚にはめてもずり落ちない太さになりました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_004

腕も同様です。腕も脚も、ポンプ管はボンドで固定しました。
ここで、ミンティアの空容器が登場します。
空容器に穴をあけて、脚に通しました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_005

このミンティア容器を適当な形に切って、
緑っ鼻・黄色っ鼻_006

こうして粘土を盛ったものを靴の部分にしてしまうわけです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_007
一緒に写っているのは、修正を加えつつある口パーツです。



さて、緑っ鼻の靴部分にまつわるお話を。
緑っ鼻といえば、スマイルプリキュア!の
第29話『プリキュアがゲームニスイコマレ~ル!?』に登場しました。
ゲーム空間で何の前置きもなく突如登場し、特になにかしらの設定があるでもなく、ただただ可愛らしいデザインの緑っ鼻さん。
実はテレビ画面に一度も、正確な“靴”の形が映っていなかったんです。
いや、厳密にはホイッスル型のアカンベェさんが“星のカービィ”のような靴でしたが、
ほかの緑っ鼻さんたちと比べてめっちゃ単足なので、簡易版のような印象を受け、制作を保留していました。。

ところが、画期的な資料となる商品が登場しました。
それが、「スマイルプリキュア!コンプリートファンブック」でした☆
その最後の方のページのアカンベェ一覧には、ちゃんと、
ダイビング用のフィン、あるいはペンギンのような可愛らしい靴が描かれていました(^^)
色までは描かれていませんでしたが、先ほど述べたホイッスルアカンベェくんと同じ、
赤で塗装する予定としました。

実は僕がファンブックでいちばん嬉しかったのって、
緑っ鼻さんの靴の形が分かったこと。だったりします・・・(笑)




えー、さて気を取り直して。
緑っ鼻さんの制作は、あとは造形を進めるのみ。

では、黄色っ鼻さんの制作も進めていきましょう。

黄色っ鼻さんは劇中登場回数はたったの2回、
しかも1回目と2回目で顔のデザインが異なる上に、
他のアカンベェとは根本的にボディの特徴が異なるという、
コンセプト通りに立体化するにはかなり厄介なヤツです。。

しかし個人的には、スーパーアカンベェやハイパーアカンベェを除いた、
“無加工タイプ”(←私が勝手に呼んでいます)のアカンベェの中では最強の戦闘力を誇る黄色っ鼻さんは、やはり立体化したい願望が強かったです。
というわけで、ハッピーとタイマンを張って圧倒的な強さを見せつけた、
「岩ヘビゴーレムアカンベェ(通称・イワークアカンベェ)」をチョイスして制作を始めました。

私のアカンベェ人形はパーツ付け替えがコンセプトであるにもかかわらず、
それまでのパーツ規格をまったく無視したボディ制作に乗り出しました。




まずは頭部から。もう、目標は単純。動かせるようにします!
なんてったって頭が可動式じゃなきゃ、小学生の工作と一緒ですからね。。

いつか作りたいハッピーロボ用にためておいた材料たちが活躍します。
ヨーグルトカップと、え~...何と述べればいいのでしょう。。
お店で値札を立てているアレ、ですね。
値札スタンド、とでも呼びましょうか。
緑っ鼻・黄色っ鼻_008

ダイソーで3本入りで購入した値札スタンド。
これにはいくつもの関節があって、結構自由に動くので、
ハッピーロボに使えるかなぁ~...と思ってグネグネ動かしていたら、
値札を挟む部分が割れちゃいまして、保留していたもの。

その割れてしまった“値札を挟む部分”をボンドと針金でヨーグルトカップにしっかりと固定!
(完成形を予想しつつ、つける向きや位置も考えながら固定しました。)
緑っ鼻・黄色っ鼻_009

これに紙粘土を盛っていきますが、そのまま盛ると確実にポロっと取れてしまいますので、
カップにたくさん穴をあけて、内側からもガッチリと粘土も盛る計画にしました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_010

そして同時に、ボディとなる岩を紙粘土で作っていきます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_011
いちばん大きな岩パーツには、完成時の自立性を高めるために、
要らなくなった重めの消しゴムを入れてあります。




また補足です。
いつもは真っ白なダイソー紙粘土を使っていますが、
今回の黄色っ鼻さんのボディは紫。
なので、赤と青の紙粘土を買ってきて、混ぜてみました。
しかし思うような色にならず、小学校のときの使い残りの絵の具を混ぜてみましたが、
それでもうまくいかず。。


結局、強度を高める目的もあって、いつも通りアクリル絵の具で着色する計画になりました。
その塗装のための紫色を作る際にもまたいろいろありました。。。(^_^;)




さてさて、黄色っ鼻さんの制作を進めると同時に、
緑っ鼻さんの様子はこんな感じに。
緑っ鼻・黄色っ鼻_012
ちょっと、それっぽくなってきましたね。
目の周りのお花のような模様はいつも通り、ティッシュの箱で試作しました。

一応、この段階でもちゃんと立ちます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_013

黄色っ鼻さんはと言うと、こんな感じ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_014
頭部につながっている透明なパーツは、
洗顔料のボトルのふたです(笑)
大事な胴体パーツなので、ちょっと丈夫にしようとした結果です。

あと、ヨーグルトカップ部分は内側からも外側からも紙粘土を盛ってしまったので、
磁石の力が伝わりにくく...くっつけた鼻もすぐに取れてしまう始末...
結局、内側の粘土を一部取り除いて磁石が使えるようにしました。


さて、ファンブックや劇中の黄色っ鼻さんとにらめっこしつつ、
赤サインペンで修正箇所にチェックを入れていきながら、
さらに粘土を盛っていきます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_015


緑っ鼻さんの手は、グーにしました。
このときはまだボクシンググローブみたいですね。
緑っ鼻・黄色っ鼻_016

黄色っ鼻さんの顔と、消しゴムを内蔵したパーツは、
赤ペンと白い紙粘土で修正を入れていった結果、こんな感じに。
これでもまだまだです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_017

さて、ここで、最初に作った目のパーツにまぶたをつけたので、
顔パーツに穴をあけて取り付けてみました♪
ついでに、赤っ鼻さんの口も付けてみました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_018
う~ん。。。やはり赤っ鼻の口だと印象が違いますねぇ...
でも、雰囲気が分かってきたので少しやる気がUP☆

一方、先ほどの写真にも写っていた通り、緑っ鼻さんはこんな感じ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_019

パソコンで目を描き入れてみましたが...
緑っ鼻・黄色っ鼻_020
口が赤っ鼻さんのモノなのはともかく、全体的に表情が違う...
もっと、ぽけ~っとしたような、少しいたずらっぽくて優しげな顔でないと。。
まぶたと口パーツには、改良の余地がありそうです。




さてここからは、黄色っ鼻の制作に重きを置きます。
というのも、黄色っ鼻の初登場から1周年の7月15日が迫っていたからです(汗)

急いで作り始めた、手のパーツ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_021
従来の赤っ鼻、青っ鼻の手よりも大きく、掴みかかってくるようなデザインに作ります。

尻尾の岩パーツを色々な針金で繋げました。その後、両端はボンドで固定。
針金なので、少しだけクネクネ動きますが、あまりおススメはできません(^_^;)
緑っ鼻・黄色っ鼻_022

胴体です。
太い針金で串刺しにすることにしました。
一番下の土台には消しゴムが入っていますので、針金を支えてくれるくらいの、それなりの安定性はあります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_023

腕となる岩パーツも針金で繋げました。片方の端には肩につなげるための棒(ガンプラのPCパーツの切れ端)を差し込んでから、両端をボンドで固定しました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_024

先ほど作っていた手です。手首をある程度可動式にしたかったので、うまく切り込みを入れて、ガンプラのランナーの切れ端を取りつけました。赤く塗られる右手には赤のランナーを、青に塗られる左手には青のランナーをつけました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_025

現在揃っているパーツを合体するとこんな感じ☆
完成形のイメージが膨らみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_026


さらに、
作りかけの口には短く出した舌を盛り、
手首の黄緑色(に塗装予定)のリング兼関節部分を制作。
手首関節は緑っ鼻の肩部分と同じく、太い針金のビニル皮膜を差し込み口にしました。
胴体の洗顔料ボトルキャップ部分には、前後対象になるように粘土を盛っていきます。(前後対象な理由は後ほど。)

そして合体!!
緑っ鼻・黄色っ鼻_027
この状態もなんだか、“復活途中”って感じで結構好きです(^^)

ぐわっ!! と掴みかかってくるような巨体はこの状態でも十分に迫力が出てきている気がします。
緑っ鼻・黄色っ鼻_028

手首は関節を仕込んだおかげでこのように、まっすぐに伸ばすこともできます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_029
ただ、差し込み穴(ビニル皮膜)と差し込み棒(ランナー)の相性が悪く、奥までしっかりと挿さりませんでした(汗)もちろん、後に修正しました♪

何かを見上げる黄色っ鼻さん。(こんなポーズもとらせることができます。)
緑っ鼻・黄色っ鼻_030

その視線の先では、お人形さんたちが謎の集会を開いていました...(笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_030_2

この後、さらに修正を加えられた黄色っ鼻さんは塗装され、初登場から1周年の7月15日に間に合う形で完成しました☆
その全貌は後ほど!(レビュー編にて)




さて、緑っ鼻さんの完成も急ぎます。
・・・というのも、黄色っ鼻の翌週にお誕生日を迎えるスーパーアカンベェが、期日までにまったく完成しなかったため、せめて緑っ鼻は...ということです。。

とりあえず現状はこんな感じです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_031
まず、赤っ鼻以来の、ペロ~ンと伸びた舌を追加しました。
前回はコンビニのフォークで作った舌パーツですが、今回はフォークが手に入らなかったので、
またまたミンティアの空き容器を加工して代用しました。

また、手首と足首の(深緑と黄色のしま模様に塗装予定の)リングを追加しました。
他にも、まぶたの形を修正。
唇も、下まぶたと重なるデザインになるように手を加えました。

加えて、おなかや首に装着予定の、緑っ鼻特有の浮き輪っぽいパーツを針金と紙粘土で制作し始めました。
そうそう、目の周りの黄色いお花っぽい模様になる部分も、PPシート(プラ板)で作成しました。

さて、おおよその造形を終えた形がこちら☆
緑っ鼻・黄色っ鼻_032
このぐらいになってくると、完成が近いようでなんだか嬉しくなります(^^)

緑っ鼻さんも手直しの後、塗装され、完成しました。
とはいえ、完成したのは初登場から1周年の9月2日をとっくに過ぎた、9月9日(月)。。
緑っ鼻さんのお誕生日に間に合わなかったのは非常に残念でした。
しかしその日は!ファンならご存知でしょう。そう!とても大切な方のお誕生日なのです!!

え・・・?カーネルサンダース...?
まあ確かにそうですけど...(^_^;)

とにかく、レビュー編で改めて紹介します!!

~レビュー編へ続く~



☆ULTRA HAPPY☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR