Je M'appelle まっぷる スマイルプリキュア!聖地巡礼③~台湾・九フン~
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルプリキュア!聖地巡礼③~台湾・九フン~


こんにちは、MS-SMILE/まっぷるです。

京都、大阪を制覇してまいりました、
私のスマイルプリキュア!の聖地巡礼(?)旅シリーズも、
ついに国境をまたいで海外進出いたしました☆

というわけで、私が台湾に旅行に行ったときに見たものを
少しだけ紹介しますよ。

ブログ用_台湾016九份お茶屋さん

元々はタイトルにあるような「聖地巡礼」が主な目的、
というわけではなかったのですが、
「せっかく台湾に行くのだから、聖地・にも行きたいなぁ」と
狙ったことは否定しません(笑)




2013年の9月はじめ、私は母と二人で台湾へ旅行に行きました。
内容はごく普通のツアー旅行ですので、
そこいらの旅行サイトから申し込めばいつでも行けるような、
いわば「日本人が行きそうな観光地」がほとんどです。具体的に少し述べますと、

2014年には東京でも展覧会が行われた、故宮博物院や、
お腹がちゃっぽんちゃっぽんになるほど試飲させられるお茶セミナー(笑)、
歴史的な門で兵隊さんが定時交代の際に行進する様子...など色々を見学しました。
他にも夜市など、とにかく色々と楽しむことができました。

さて、このようにツアー自体はごくありふれたものですが、
私がこだわったのは「九份(きゅうふん)」へ行くこと。
今回もオプションで「ナイト九份ツアー」なるものが付いているプランを選びました。

九份といいますと、テレビにもよく登場する観光地ですが、
ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の世界観のモデルとなった街としても有名です。

しかし私にとっては別の意味も持っているわけです。
それは『スマイル』第30話「本の扉で世界一周大旅行!!」に登場した街、
いわば“聖地”だということ。
劇中では1分にも満たないシーンでしたが、
なおちゃんがラーメンを6杯も食べていた、インパクトのある場面です。

「9月の初めにどこか旅行に行きたいなぁ」と思っていた際に
何気なく、「台湾 スマイル」などとTwitterで検索してみたところ、
台湾人のプリキュアファンの方が現地の写真を投稿されていました。

その中には印象的なあの長〜い階段のほか、
なんとラーメン屋さんのモデルとなった芋だんご(芋圓といいます)屋さん
の写真まで投稿されているではありませんか!

さっそくその方にお訊ねしたところ、
「九份老街」に行けばすぐに見つかる、とのことで、
私の聖地巡礼魂が燃え上がりました(炎)

これまで京都や大阪、横浜など、
国内のいろいろな箇所を巡礼+旅行してまいりましたが、
まさかの聖地巡礼で海外進出できる、またとない機会。

その後、台湾旅行のツアー、および台湾の市場などをいろいろ検索してみたところ、
実に面白そう!

とりあえず立てた計画に、私も母も「これなら楽しそうだよね♪」と意見一致。
台湾旅行が決まりました。

そして旅行当日。その週はなんと、スマイル第30話からちょうど1年が経った週でした。




キャプ画がないのでちょっと申し訳ないですが、以下、九份での写真です。

あの長~い階段。豎崎路階段道といいます。
ブログ用_台湾010九份_豎崎路階段道

あの場所で「はい、ピース☆」
ブログ用_台湾011九份_豎崎路階段道本人入り

観光客(日本人も多い)が多くて、
落ち着いて写真を取っていられませんでした(苦笑)


こちらは『千と千尋の神隠し』の「油屋」などのモデルとなったお茶屋さんです。
ブログ用_台湾012九份お茶屋さん

ブログ用_台湾013九份お茶屋さん

この間に晩御飯を食べ、再出撃!

お次は「さっきのお茶屋さん側から見ると九份老街の最後の方にある」と
言えばよいでしょうか、
あのラーメン屋のモデルとなった芋団子屋さんです!!
ブログ用_台湾014九份白梅芋圓店

あのお店にそっくりですよね!

後に分かりましたが、大塚監督がご友人に頼んでロケハンされたとか。

ちなみにこのお店、19:30には閉店しちゃいます(早っ!)
ブログ用_台湾015九份白梅芋圓店
私が到着し、写真を撮らせてもらった直後、シャッターが閉まりました。
「他の観光はあとでもできるから、先にお店を探してきたら?」と
アドバイスしてくれた母のおかげでした('∀`)

このお店の名前は「白梅芋圓店」といいます。

ん・・・?白梅??

そう、修学旅行京都編で「ラストに舞妓さんが出てきた」あのお店
のモデルとなった料理旅館の名前も
「白梅」でした!
018-2.jpg

すごい偶然ですね!


冒頭の写真は、この後に撮ったお茶屋さんの写真だったのでした。
ブログ用_台湾016九份お茶屋さん
このときも写真を撮る観光客が多い多い...!



さて、プリキュア聖地巡礼に関係のある内容はこれでおしまい。

他にも色々見てきましたが、あくまで“家族旅行”なので詳しくは述べません。
ただ、印象に残ったものや、グルメをちょっと紹介しましょうか。


まず印象的だったのは、信号機。
色が変わるまでの残り秒数をカウントするタイマーがいちいち付いています(笑)
まあ、そこまでなら大阪とかでもたまに見られますよね。

でもそれで終わりじゃないのがやはり外国。
なんと歩行者用の青信号の人間マークが動きます!
そして残り秒数が少なくなると走り出します(笑
ニコニコ動画の隅っこのアニメを彷彿とさせましたw

残り秒数は場所によって異なりますが、
ひどいところでは
「青信号になると歩き出す→残り30秒でゆるゆると走る
→のこり20秒で焦りだす→残り10秒でダッシュ!!!」
みたいな状態です(笑

そういえば、その数ヶ月前にタイを訪れた際も
残り秒数タイマーはどこにでも付いていましたし、

数ヶ月後に韓国済州島を訪れた際も、
青信号マークが「走り出す」まではいきませんが、
残り秒数のタイマーと共に、日本よりも激しく点滅していました。

そして中国に行った際も、青信号マークさんが
(モーションは台湾ほど高いクオリティではないものの)
やはり走っていました。

アジア圏では信号が慌てん坊さんなのは
割と一般的なのかもしれませんね〜(笑

そんな慌てん坊さんな信号がいっぱいの駅周辺には、
おいしいグルメがたくさんあります。
たとえばこれ
ブログ用_台湾001胡椒餅
「胡椒餅」という、表面がパリパリな肉まんみたいなものを売っているお店です。

コンビニで買ったパパイヤミルクと共に。
ブログ用_台湾003グルメ

中身は肉まん~餃子 あたりに近いです。
ブログ用_台湾004胡椒餅
とても美味しかったですが、
店主さんが「アツイヨ!」と言って手渡してくれただけのことはあり、
案の定、口内を火傷してしまいました(苦笑)
パパイヤミルクで必死に冷やしました...。

そのパパイヤミルクを買ったコンビニというのが
ブログ用_台湾002ファミマ
ファミリーマートです。

タイや中国など、アジア圏ではセブンイレブンと並んでかなり普及しています。

台湾では「信号の数よりもコンビニの数の方が多い」と言われるほど、
本当に、どの通りにも必ずコンビニがあるんじゃない?ってぐらい
ファミマとセブンイレブンだらけでした(笑)

街中にコンビニがいっぱいあり、しかも商品価格も手ごろなので、
その分、飲み物を売る自販機などがほとんど見られませんでした。



さて、台湾には何カ所も市場があります。
到着当日の夜にツアーとは別に1カ所訪れた
ブログ用_台湾007士林市場
士林市場のほか、
元々の九フンツアーにも1カ所含まれていました。

しかしそれらは必ずと言ってよいほど、
現地ガイドさんにさえ
「クサイ」「キタナイ」「保〜証はデキマセ〜ン」と
言わしめるような場所も多々含んでいます(苦笑)

確かに、市場で地下街がある場所なんかは凄まじいニオイ…w

でも、実に面白いです。
台湾に限らず、タイや韓国済州島でもそうでしたが、
市場には(アタリハズレの見極めは必要ですが)
安くて美味しいもの・面白いもの・掘り出し物がいっぱいあります。
そして人の良い方ばかりです。
タイではウチの家族のしつこい値切りにも対応してくれました。
韓国では優しいお母さんがお土産をいっぱいサービスしてくれました。
中国では・・・うん。。

で、この士林市場には地下鉄で行きました。
切符がICチップ入りのコインであること以外は、日本とほぼ同じです。
運賃がかなり安かったです。
ブログ用_台湾005地下鉄コイン

改札に入る時はコインを改札にタッチします。
ブログ用_台湾006地下鉄改札
出る側の改札には、チャリン する穴があります。


で、市場でおいしかったもの。

パパイヤミルク!(またかよ!
ブログ用_台湾008士林市場パパイヤ

ブログ用_台湾009士林市場パパイヤ

実は以前にタイの大型テーマパーク『プーケットファンタシー』で
飲んだパパイヤミルクがめちゃくちゃ美味しくて、
それ以来、行く先々でパパイヤミルクを試してしまうのです(笑)

しかし、プーケットファンタシーで飲んだものが一番おいしかったです。


最後に、これは別の日(=九份に行った後)に
ツアーについていた市場付近で食べた、ガイドさんオススメの
マンゴーかき氷!
ブログ用_台湾017かき氷
これは暑い日にはたまらなかったです!本当においしい!
最近は日本でも、台湾式のかき氷(カンナがけしたみたいな削り方)は
よくみかけますね。

(余談)
そうそう、これは現地ガイドさんがお話ししていたことですが、
台湾では男の人のほうが料理が上手なんですって。
というのも、兵役があるため、自分で料理しないと生活できないからです。
また、その一方で、市場や商店街に行けば
本当に安価でお腹いっぱいになれるので、
料理をあまりしない奥さんも多いのだとか(^_^;)
もちろん、全員が全員ではないはずですがw

外国の文化も、筋道通して考えると興味深いですね♪





さて、長文駄文でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。
質問などがございましたらお気軽に。


☆ULTRA HAPPY ☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

3年も失礼いたしました。

はじめまして。
ずっと以前に私の記事にコメントを頂いていたにもかかわらず、長期休止してしまったこともあり、こちらからのリプライが出来ておりませんでした。誠に申し訳ございませんでした。

改めて、スティクスと申します。
プリキュア感想サイトを以前運用しており、この度ひっそりと復活いたしました。
私と同時期に台湾・九フンをご訪問されていらしたとは、奇遇ですね。しかも私が見つけることができなかった、みゆき達が食事をした店という「聖地の中の聖地」へ足を運んでいらしたとは、うらやましいです。

九フン、いいところですよね。空気感や、におい(主に臭豆腐の)など、実際に行かないとわからないことを体験できるのが旅の魅力だと思っています。
私も聖地巡礼だけでなく、「プリキュア同名駅めぐり」などを行っており、この機会が無ければ絶対に訪れなかったであろう町で様々な発見を楽しんでいます。関西にお住まいとのこと、いずれそのご縁で「青木」や「九条」など、お近くにお邪魔することがあるかもしれませんが、その際はよろしくお願いいたします。
お互いに良い旅を楽しんでまいりましょう!

P.S.
そういえばファミリーマート、多かったのを思い出しました。何か資本的な事情でもあるのかもしれませんね。
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE(別名まっぷる)です♪
更新頻度は適当ですが、よろしくお願いします☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。