Je M'appelle まっぷる 2019年09月
FC2ブログ

【自作フィギュア】『HUGっと!プリキュア』 プリキュアの剣 (変化前メロディソード)


チャオ!ごきげんよう!MS-SMILE/まっぷる です。

(私にしては珍しく)前回のあおちゃんギターからそれほど間をおかずに新作の
フィギュア用自作小物が完成しました。

今回紹介するのは―――こちら。


ブログ用DSC_0782_改

――― 明日を失いつつある世界のために、
 剣は何も持たない少女を選んだ。
 少女は剣に選ばれ、民衆とともに戦う ―――。



「ちがうよ 必要なのは剣じゃない」






ブログ用DSC_0794_改

ブログ用DSC_0807_改

ブログ用DSC_0795_改

というわけで、
『HUGっと!プリキュア』第11話より、“プリキュアの剣”をFiguarts用に作りました。



ブログ用DSC_0797_改

本編では、はな=キュアエールは剣に認められますが、敵を斬り伏せるための力を選ばず、剣はメロディソードへと姿を変えました。
1話限りの登場でしたが、まさに、未来の分岐点ともいえる重要なエピソードとなりました。
(1話でのはぐたんの介入自体が最大のターニングポイントだったものの、やはり剣も大きな分岐点だったと思います。)

また別の時間軸では、はぐたん=キュアトゥモローとその仲間のプリキュアたちも使っていた(とドクタートラウムの人形劇を見る限り推測できる)、もう一つの可能性の未来の象徴ともいえるアイテムでした。


ブログ用DSC_0784_改

ブログ用DSC_0786_改

ブログ用DSC_0785_改


そんな“プリキュアの剣”ですが、物語上もうキュアエールたちには必要のないものですが、
カラフルに光り輝く刃、ハートや翼をあしらった鍔など、プリキュアのアイテムとしては十分な要素が散りばめられており、なおかつ格好いい...。1度きりの出番なのがもったいないと思い、今回立体化してみました。

制作期間の8~9月の時点ではまだ設定資料集が発売されておらず、本編の描写以外に詳細なデザインは分かりませんでしたが、分からないなりにアレンジを加えて完成させようと割り切りました。






【製作過程】

まずは紙に図面を書いて大体の大きさを考え、それを基に厚紙でおおまかなモデルを作りました。
これを目安に、プラスチック材で本番を仕上げていきます。

ブログ用DSC_0770

材料はそこら辺にあったプラ廃材です。(普段からストックしています)
ダイソーで昔買った仕切り板(の使い古しの1ピースを折り取ったもの)と
プラモデルのランナータグを使いました。

それらをデザインナイフとヤスリで、ただひたすら地道に削りました…。
毎度のことながら、私は一体なんの職人なんだと思いました...w


ブログ用DSC_0766

ブログ用DSC_0768 ブログ用DSC_0769

ブログ用DSC_0772

ブログ用DSC_0773

ブログ用DSC_0774

しかし、ただ切り貼りするだけでなく、
丸みを持たせたり、角ばらせたり、パテを使わず、
補強を兼ねた部品を取り付けて立体感を持たせたり、、

ブログ用DSC_0778
部品を両側から挟み込めるように加工したり(束の一番下のグレーの部分)
あまりやったことのない工夫を色々凝らせたので面白かったです。

※写真の白い部分がダイソーの仕切り板、
 ピンク・青・グレーの部分はプラモデルのランナータグの切れ端です。

ちなみに上の写真でほぼ完成に見えますが、
塗装前に刃をさらに研ぎ直し?削り直し?て薄く・鋭くしています。


ブログ用DSC_0787_改

今回はフィギュアに持たせる前提なので、フィギュアに塗装が移ってしまうといけません。
そこで極力プラスチックの成形色を活かす方針にしました。
まともに塗装した部分はシルバーの部分ぐらいです。
※グレーの部品を4アーティストマーカーのシルバーで塗装しました。

その他、ポスカ(ラメ入りピンク/通常水色)を部品にチョンチョンとつけてから
しっかりめに綿棒でふき取る方法で
翼をうっすらピンクに、束はうっすらブルーに着色しています。

刃はセリアで買ったオーロラテープを貼りました。
(なかなか納得のいく色がなく、このテープを見つけるのが正直一番大変でした。。)

このテープがいい感じに働いて、角度によって様々な色に変化するようになりました。
ブログ用DSC_0811_改

ブログ用DSC_0809_改

ブログ用DSC_0808_改

ブログ用DSC_0802_改

最後に持ち手~刃の付け根にかけて模型用パールクリアスプレーを吹き付けて完成です!


プラ素材を薄く削り込んだおかげで重さもかなり軽く作れたので、キュアエールに持たせたまま台座なしで立つことも可能になりました。

今後発売されるマシェリ、アムール、エトワール(、アンジュもきっと出るさ!)に持たせるのも面白いかもしれません。


 ☆  ☆  ☆


さて、いかがでしたか?
今回はシンプルなつくりの小物ではありましたが、プラスチックの削り出しにかなりの時間を要してしまいました。。
しかしその分、仕上がりは満足のいくものになったと思います。

惜しむらくは、パーツごとに型取りして複製すれば良かったかなー、なんて思っています(^_^;)

既にTwitterで頂いたコメントのなかにも、「HUGプリの“IF”を感じられる」というご感想があったのですが、
私自身、この剣のそういう部分 ―― ありえたかも知れない別の可能性 ―― に魅力を感じています。
またそんなサイドストーリー的な人物・世界線・アイテムが出たら面白いなと。



私事ですが、最近ジョブチェンジをしまして、新しい職場で自分の新たな可能性に挑戦中です。
ありえたかもしれない別の未来を捨て、自分の信じる道に進むことにしたわけです。
偶然とはいえ、この剣を作ったのは、なにか通じるものを感じたからなのかもしれません(笑)



というわけで気持ちを新たに、今後も作りたいものを作りたいように具現化していきますよ!

その前に・・・9月末のスタプリライブが楽しみでなりません!!(今回も昼夜両方参加します☆)
たぶんまたブログにしちゃうんだろうなw

ではまた、次の記事でお会いしましょう!

☆ULTRA HAPPY☆

スポンサーサイト



プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR