Je M'appelle まっぷる 2017年07月
FC2ブログ

【自作フィギュア】あかねずみ&なおねずみ

ごきげんよう~!MS-SMILE/まっぷるです。

今回紹介する作品はこちら。
ブログ用_あかねずみ&なおねずみ006

『スマイルプリキュア!』第39話「どうなっちゃうの!? みゆきのはちゃめちゃシンデレラ」より、あかねずみなおねずみ です。

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ001

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ002

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ003

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ004

シンデレラの絵本の世界に入ってしまった際に、姿が変わってしまったあかねとなお。チョロチョロした動きが非常に可愛らしく、1話限りの出番ながら、人気があるキャラクターではないでしょうか。

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ005

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ007

ブログ用_あかねずみ&なおねずみ008
「おっちゃん、ウチらより小さいんちゃうん?(笑)」
「うるせー」



〈製作過程〉
キャラクター自体の人気に反し、私の人形の場合は「不遇」と言わざるを得ない経緯を辿ってきました。

というのも、ねずみたちを作り始めたのは2015年。部品が多いサイアークを作りながら、粘土や接着剤を乾かす合間合間のヒマつぶしにと製作していたのでした。ところが、同時に複数の作品を手掛けると、やはり集中力が落ちて乱雑になってしまうため、ねずみたちの製作は一旦お休みし、サイアークだけに絞りました。

サイアークが完成した後も、私の意欲がゼツボーグに先を越され、作業が中断。

再開したのも束の間、当時BS11で行われていた再放送の当該話数にも間に合わず、肝心の造形に関しても、髪の毛などの作成が不慣れだったとはいえ、時間と意欲の問題から、全体的にいつもほど丁寧には作れず、粗っぽい印象のまま、スケジュールの関係から2016年3月末で再び中断を余儀なくされてしまいました。

そして時は経ち、2017年5月、ようやく修繕を行い、完成にこぎつけました。

最初の再開時に、髪の毛や体のバランスの悪さが目につき、ほぼ一から作り直しをしたのですが、2度目の再開時に各箇所のさらなる修繕を行いました。それぐらい、作り始めた時の乱雑さが際立っていたといえます。

ブログ用_あかねずみなおねずみ001

ブログ用_あかねずみなおねずみ002

ブログ用_あかねずみなおねずみ003

ブログ用_あかねずみなおねずみ004

ブログ用_あかねずみなおねずみ005

ブログ用_あかねずみなおねずみ006

接続部以外は粘土でできています。頭は少しでも軽くするため、まずおおよその形を軽い紙粘土で作りました。その表面を石粉粘土で造形しました。残りの胴体、腕、しっぽ、髪の毛、リボンなどは全て石粉粘土で作りました。

首と胴体の接続部は、いつものガンプラのPCパーツのランナー(枠)を差し込み棒として頭に仕込み、皮膜付き針金の皮膜を輪切りにしたものを差し込み穴として胴体に仕込み、接続しました。従って、頭は360°回ります。
肩は、腕にアルミ針金を取り付け、胴体に開けた穴に差し込んだだけ。

しっぽはお尻に開けた穴にそのまま突き刺しただけです。なので、ある程度は動きます。
このしっぽが、自立時の補助の役割を果たします。(補助になるのを狙って作った訳ではなく、たまたまそうなった嬉しい誤算。)

髪の毛は始め(サイアークを作っていた頃)、予め作った頭部に合わせてヘルメットのような状態で大まかに作り、それを切ったり削ったりして髪の毛の形にしていきました。しかし、強度不足から、丁寧に作業してもポキポキと折れたり割れたりしてしまい、結局断念。しばらく経って(ゼツボーグ製作を終えた頃に)、今度は髪の毛を一本一本チネり、木工ボンドで頭に直接貼り付ける形で配列し、隙間を埋めるように粘土で繋ぎ、造形。最後にボンドをバコッと外して別パーツ化。手直しして完成です。

ヒゲは極細の針金に着色して作りました。髭の別パーツ化、これだけは譲れませんでしたw




さて、完成度に関しては色々と不満は残っていますが、
やりのこした宿題をやり終えた気分ではあります。

いつも敵キャラの製作が多いですが、たまにはプリキュア側のキャラクターを作るのも楽しいですね。

最後に、

スマプリ5周年おめでとう!

☆ULTRA HAPPY☆
スポンサーサイト

【自作フィギュア】ギッザギッザ(キルトランドのすがた)&チョッキン(青)

ごきげんよう~!MS-SMILE/まっぷるです。

今回の作品はこちら。
ブログ用_ギッザギッザチョッキン001

『プリキュアつながるぱずるん』より、
「ギッザギッザ(キルトランドのすがた)」「チョッキン(青)」です♪
フィギュアらしいフィギュアの製作は、ゼツボーグ以来、実に1年数か月ぶり。
ブランクはあったものの、なんとかサマにはなりました(^_^;)

ブログ用_ギッザギッザチョッキン002

ブログ_ギッザギッザチョッキン003

ブログ用_ギッザギッザチョッキン004

ブログ用_ギッザギッザチョッキン005

ブログ用_ギッザギッザチョッキン006

ご覧の通り、特にギミックのない固定フィギュアではありますが、プリキュアオールスターズと戦わせられるキャラクターですので、遊びの幅は広いです。


細かい記述は後にして、まずは実写版、メキシコキュアぱず劇場をご覧ください―――


 ☆  ☆  ☆

ブログ用_キュアぱず001
「きょうも、キルトランドはいいおてんきモフ~!」


((チョッキンチョッキン、チョッキンチョッキン))


「なんのおとモフ??」


ブログ用_キュアぱず002
「モフ~~!!こんなところにチョッキンがいる モフ~~!!」


ブログ用_キュアぱず003
「ギッザギッザ、ギッザギッザ~♪」
「わわわモフー!!!」


ブログ用_キュアぱず004
「ギッザギザに してやるよ~♪」
「モフ~~~!!ギッザギッザ モフ~~!!」


ブログ用_キュアぱず005
「お~や、またあったね。ぼくといっしょにぜ~んぶギッザギザにすればたのしいよ~?」
「ぷんぷんモフ!なんどたたかっても 浄化されないなんて しぶといモフ。はやくやめさせるモフ・・・こうなったら」


ブログ用_キュアぱず006

ブログ用_キュアぱず007
「プリキュアをよぶモフ!ゆめとおはなの ちからを おかりするモフ!」


ブログ用_キュアぱず008
「ごっきげんよぉ~~!!今日も良い天気で、幸せ満開だよ~!」

ブログ用_キュアぱず008素
「キュアフローラ モフ~!」

ブログ用_キュアぱず009
「今日のプリンセスレッスンは何かなぁ、頑張っちゃぅz・・・・・・???」
「あらら、ギッザギザにしてやるよ~~♪」

ブログ用_キュアぱず010
「うぇぇ??ここどこぉ?わたし、ミス・シャムールとレッスンの約束をしてて…」
「ここはキルトランド モフ。つながるぱずるんのバグスター…じゃなくて、
ツナガラーズを浄化して、わるさをやめさせるモフ。」

「じゃあ、レッスンは??」

ブログ用_キュアぱず011
「帰るには、はやく浄化して クリアするしかないモフ。」
「ええーっ!?」

ブログ用_キュアぱず012
「ツナガラーズを、浄化するモフ!!」
「ステキなショーのはじまりだよ~♪」「えええっ!?」
「せーのっ、プリキュア レッツゴー!モフ~」



 ~数分後~


ブログ用_キュアぱず013
「あらら~、ステキなショーだったよ~~…。」
「ご…ごきげんよう…(ゼェゼェ」
「やったーモフ!!さすがプリキュアはタフモフ!」


ブログ用_キュアぱず014
「つ…つかれたぁ…わたし、すっかり…息が上がっちゃって…」
「今のステージはまだあと2回のこってるモフ。コインをかせぐモフ!」
「ええっ…か、帰れないのぉ??」

(おしまい…?)



ブログ用_ギッザギッザ002第2形態顔あり
「たしかにみごたえのあるショーだったね。

けれど、ギッザギッザのショーは、

まだまだ、おわらないからね~♪」

(※画像の色彩をいじって、ステンドグラスのしまのすがたを再現しました。)


 ☆  ☆  ☆

おまけ①
ブログ用_ギッザギッザおまけ
「素敵な“ショー”だったよ~…」


おまけ②
ブログ用_ギッザギッザ他人の空似
他人の空似ってやつです


☆大きな写真はこちらをクリックしてご覧ください(Twitterモーメント)☆


 ☆  ☆  ☆

ご覧いただきありがとうございました。今回はストーリー仕立てでお送りしました。
我ながら、ツナガラーズよりもパズルンモフルンのほうに気合いが入りすぎた気もしますw

さて、細かい製作のポイントなどを以下に記述します。



〈ギッザギッザについて〉

キュアぱずではキルトランドのエリア1の敵幹部(つまり一番弱いボスキャラ)として登場し、
ネット上では“ギザギザおじさん”の愛称で親しまれていますね。


見た目は太ったピエロのようで愛嬌がありますが、

「ほぉ~らぁ!」 「ギッザギザぁ~」 「素敵なショーだったよぉ~」

といった挑発的な言動に、ゲームの難易度が相まって、序盤ではかなりイラっとしたプレイヤーも多いのではないでしょうか。とはいえゲームのリリースから数ヶ月も経った今ではプレイヤーの手持ちキャラも十分にレベルアップしていますから、エリア1など瞬殺。ギッザギッザもすっかりコイン稼ぎ用のサンドバッグ扱いされているかもしれませんねw

そんな私たち非課金勢にはありがたい存在になっているギッザギッザでしたが、5月下旬のアップデートにより解放された新エリア「ステンドグラスのしま」エリア1において、見違えるほどパワーアップして再び我々の前に立ち塞がりました。果たして今後はどのようにプレイヤーを苦しめてくるのでしょうか…

ブログ用_ギッザギッザ001第1形態顔あり
今回立体化したのは、キルトランドでのノーマル形態。(というか強化形態は想定外…)


ツナガラーズ製作記_001設計図

制作にあたって迷ったのが、どんな頭身で作るか。ゲーム中ではかわいらしくディフォルメされているものの、プリキュアよりも大柄に描かれています。
いつものようにフィギュアーツと合わせて遊ぶにはディフォルメ頭身は違和感がありますが、リアル頭身にアレンジしすぎてしまうと怖く見えてしまうので、

間を取って、ゲーム中よりは若干背を高くする程度にとどめ、どこか可愛らしさもある、魔人ブウのようなイメージで進めることにしました。

ツナガラーズ製作記_002最初期

ツナガラーズ製作記_006

ツナガラーズ製作記_007
最初はこのくらいの頭身でしたが、やや高すぎる気がしたため、

ツナガラーズ製作記_008頭身変更

ツナガラーズ製作記_010
途中で胴体を分断、長さを整えて再接着し、現在の頭身に変更しました。


主な材料として、
帽子・髪の毛・頭はダイソーの紙粘土、
顔面・腕・脚・お腹周りの一部はダイソーの石粉粘土
を使用しました。


ツナガラーズ製作記_012シール
目と口、おなかの黒い模様はマスキングテープに着色した手作りシールです。
ただし、にっこり笑った目や口などの表情は、人形に直接は書き込まず、パソコンで写真に書き足しています。そうすることで表情変えをして楽しめます。


●風船
今回一番のこだわりである・・・
ブログ用_ギッザギッザ003
この、風船は

ツナガラーズ製作記_003風船

ツナガラーズ製作記_004風船

ツナガラーズ製作記_005風船
まず、ギザギザハート型に切った厚紙に、
極細のステンレス針金(けっこう頑丈)を挟み込んで固定。


ツナガラーズ製作記_011風船
型紙に合わせて紙粘土(とても軽い)を盛りました。
本体が軽く、ひもが頑丈なおかげで、台座を一切使わずに、しっかり自立しています。

ひもの結び目の三角錐の部分は、プラモデルのランナー(枠)=プラスチック棒に穴をあけ、先端を鉛筆のように尖らせたものを、ビーズのように針金に通して作成しています。


●襟巻き
特徴的な襟巻きは、布製では形状が維持できないので、紙製にしました。
最初、厚紙で試したところひび割れたりしてしまい、失敗。
最終的には襟巻型に折ったコピー用紙を2枚貼り合わせて作りました。

ツナガラーズ製作記_013襟巻
その用紙をジャバラ折りにして…

ツナガラーズ製作記_014襟巻

ツナガラーズ製作記_015襟巻
両サイドを加工したうえで円形にしました。
この襟巻の中央に穴をあけて、首に通せば完成です。

ただ、その簡単な構造ゆえに、身体の上に頭が乗っかっただけの不格好な作りになってしまったのは少し反省点です(汗)

塗装の際は、全体を白(やや肌色寄り)で塗り、紫の縞模様は自作のシールで色分けしました。



〈チョッキンについて〉
チョッキンは頭のハサミで攻撃してくるツナガラーズの下っ端です。モフルンとの会話パートにも登場するおかげで、キュアぱずのザコ敵のなかで唯一名前が判っているキャラクターでもあります。目つきは悪いですが、ツナガラーズの中では見た目は可愛らしいほうですし、プリキュアに倒されると、胸のギザギザハート模様が消え、つぶらな瞳に変わるので、そのギャップも人気の理由の一つかもしれませんね。(性格もモフルンにフルーツを取ってあげるほど、おだやかなものに変わるようですね。)

今回はノーマルカラーとおぼしき、青いチョッキンを立体化しました。

ツナガラーズ製作記_009

主な材料として
ハサミは厚紙(プラモデルの空き箱)、頭は紙粘土、
顔面・胴体・手は石粉粘土、
腕・脚はプラモデルのランナー(枠)の切れ端、
足はプラモデルのランナータグ(板状の部分)の切れ端と木工用パテ
を使用しました。

また、目や口、ほっぺ、お腹のギザギザハート模様は手作りのシールですので、
つぶらな瞳のシールもつくってやれば、浄化された姿を簡単に再現できます。





今回も長々と綴ってしまいましたが、当ブログ記事にお付き合いいただきありがとうございました。今回はプライベートで脚の手術を受け、3ヶ月もの間仕事を休んでいたのが幸い(?)し、通院の合間をぬって、それなりに良いものが作れたと自負しております。

現在では制限つきで仕事に復帰したものの、当分リハビリは続きますし、落ち切った体力の維持・体調管理も大変で、時間の確保が難しい状態ではありますが、また面白いものを作れるよう、アイディアを温めたいと思います。ほどほどにご期待くださいませ(笑)

ところで、先日声優さん方のSNSで情報解禁されましたが、
『スマイルプリキュア!』がキュアぱずに参戦決定したそうですね☆

ブログ用_キュアぱず_スマプリ参戦
みごたえのある ステキなショーを きたいしているよ~~♪


☆ULTRA HAPPY☆

プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR