Je M'appelle まっぷる 2014年03月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自作人形?】あかねのお守り&やよいの折り紙

どうも、MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事はこちら

『スマイルプリキュア!』の
第19話「パパ、ありがとう!やよいのたからもの」より
ブログ用_スマイル小物001きつね
幼いころのやよいが今は亡きパパに作ったキツネの折り紙と、

第40話「熱血!あかねの宝さがし人生!!」より
ブログ用_スマイル小物002あかね
バレーボールの試合を控えたあかねにみゆきたちが作ったお守りマスコット。

これらを自作しました。

どちらも、「たからもの」もとい
「真のたからものを思い出すための、たからもの」といえる大切なアイテムでした。


◆キツネの折り紙
折り紙の本を色々とあさりましたが、折り方は載っていませんでした。。
そこでネットで検索してみたところ、見つかりました。
どうやらオリジナルの折り方だったようです。

【参考URL・YouTube動画あり】
⇒ http://itall.exblog.jp/7971365/
http://www.youtube.com/watch?v=vscS-KifF_Y

作成するにあたり、紙は二枚必要です。
動画として紹介してくださっているのはありがたいですね。


◆あかねマスコット
こちらは100円ショップダイソーで扱われているフェルトを使用。
同系色を合わせた5枚セットで売られているのですが、
アニメに近い色をそろえようとすると4セットも必要でした...(泣)

ムービックより発行されている「スマイルプリキュア!DX設定資料集」の
設定画をコピーしてパーツごとに切り出し、
それをもとに、フェルトをカット。両面テープ等で適宜固定しながら縫いました。

上部にひも(刺しゅう糸)をセットし、中に綿を入れて周りをすべて縫って閉じれば完成です。

お裁縫は昔から得意な方なので、
わざと「劇中のようにキタナい縫い方」を再現するのは難しいかなぁ。。。
なんて思っていましたが、いやいや、
フェルトがほぐれたり、仮止めに使った両面テープがはがれなくなったりと、
いろいろ苦戦しているうちに結局キタナくなりました(トホホ...)

でも、まあ...。中学生が作った設定だし、いいよね(^_^;)
・・・と自分で自分を納得させましたとさw

ブログ用_スマイル小物003あかね
(裏面。)

ブログ用_スマイル小物004あかね
(側面。)

あかねちゃんの手のサイズから察するに、
スケールはほぼ本物と同じだと思います。


粘土やプラスチックのお人形や模型以外にも、
こんな楽しみ方もあるんだなあ、と改めて実感したのでありました。

☆ULTRA HAPPY☆
スポンサーサイト

【自作人形】ベール(最終形態=ねずみ)

どうも、MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事はこちら
ブログ用_ベルチュー010
『ドキドキ!プリキュア』最終話より、
ベール(最終形態=ねずみ) を自作しました。

ブログ用_ベルチュー011
キュアハート・パルテノンモードの浄化により、
プロトジコチューとともに消滅した...かと思いきや、最後の最後にまさかの登場!
かつての威厳と強敵オーラに満ちた渋いおっちゃんの姿はどこへやら、
実に可愛らしいねずみさんになってしまいました(笑)

ブログ用_ベルチュー012
(↑グラサンとハット...www)

ネット上では「ジコちゅうベール」「ベルチュー」「ベルチュウ」などと呼ばれているようですね。
私は「ジコちゅう」が可愛いかな、と思っています(笑)
「1万年の眠りについて力を蓄える」ということは、
1万年経つとまたおっちゃんの姿に戻るということなのでしょうか。
あるいはゴツいねずみになるのかな…?(笑)

さて、人形の制作過程ですが、
申し訳ないことに、「単純な作りだからいいか〜」などと言って、
ほとんど写真を撮っておりませんでしたm(_ _)m
数少ない写真は後ほど添付するとして、まずは工程を簡単に述べますと、

「紙粘土でだいたいの形を作り、その上を石粉粘土で覆って彫刻・彫塑しただけ」の、
本当に単純な作りでございます。

◆手足
手足は本体に直接、粘土を盛ったり削ったりして作りました。固定式です。
手足の位置に関しては、製作前に「おすわりした姿」「寝そべった姿」「四つん這いの姿」など絵を描いて検証し、いちばんしっくり来た姿を採用しました。


一方、グラサン,耳,尻尾,羽根は石粉粘土で別パーツとして製作しました。


◆グラサン,耳
グラサンと耳は石粉粘土で造型しました。
それぞれ、本体との接続部に短い針金を挿して仮止めして
くっつける正確な位置を決め、
塗装した後にボンドでくっつけました。


◆尻尾
尻尾もすべて石粉粘土でつくりました。
最初に2本つくり、しっくりきた方を採用。
芯が入っていないので、もろく、途中で一度折っちゃいました(^_^;)
(まあ、こうなることは予想していましたが...。)

でも、補修の際によりよい形に直せたので結果オーライです☆

本体との接続は、
おしりに空けた穴にそのまま差し込んだだけで固定はしていませんので、
付け根の部分が多少は動きます。

◆羽根
耳の裏に生えている羽根は
製作途中はその辺にあった、ちょっと丈夫な紙で仮製作し、
本番では、ちょっとお高めのお菓子か何かの箱のガワ=プラゴミを切って作りました。
スジになっている模様はあらかじめ少し折り目を付けた後、塗装時につまようじで色をぬりました。


◆塗装
いつも通りやすりがけをしたら、これまたいつも通りアクリル絵の具で塗装です。
劇中では夕日が当たり、ちょっと暗めの色だったので、
今回はそれよりも明るめの色にしました。

全体には模型用のつやけしトップコートを使用していますが、
グラサンだけはワゴンセールで手に入れた
工作用のつや出しニススプレーを吹き、光沢仕上げにしています。

以下、製作途中の写真。
ブログ用_ベルチュー001
↑とりあえずすべての部品ができたので仮組みしたところ。
まだ表面がザラザラで、でこぼこも目立つ。
羽根もまだ、紙で作った仮組み用のもの。

ブログ用_ベルチュー002
↑正面図。悪そうにライトを当てて。
仕上げ前なのでつま先がまだ細いです。
人形作りはいつも、えんぴつでアタリ線を入れながら行っています。
(※私の手のサイズから察するに、案外、実物大ぐらいなのかも?)

ブログ用_ベルチュー003
↑なぜかキュアソード・北尾誠アームズと共に。
一応、サイズはこんなもんです。

ブログ用_ベルチュー004
↑同時に製作していた小さい方々と共に。
いっぺんにまとめて作ろうとするのが私の悪いクセ...(苦笑)


以下、完成形の写真。

ブログ用_ベルチュー005
斜めから。

ブログ用_ベルチュー006
正面から。
眉毛なのか眉間じわなのかよくわからない模様&ムッとした口は
コンパスの針やつまようじで彫り込んで作りました。
アクリル絵の具を使っちゃったので黒のスミイレ(=着色)が面倒なことに...w

ブログ用_ベルチュー007
左から。

ブログ用_ベルチュー008
後ろから。尻尾はおしりの穴に挿しただけなので付け根は動きます。

ブログ用_ベルチュー009
下から。


◆感想
この人形よりも以前に、全身18ヶ所可動のスーパーアカンベェ人形を作ってしまっただけに、
今回の人形は何のギミックもなく、完成後はちょっと寂しい気がしました(^_^;)
それでも机上にちょこんと置いておくと、なかなか可愛らしいものです(笑)
たまには普通の動かない人形作りも悪くないですね。


※ちなみにこの記事を投稿したのは、人形完成からかなり日が経った
2014年6月である。更新をサボってしまったのは私の責任だ。
ブログ用_ベルチュー013
だが謝らない。
(中の人とトランプ繋がりw)

☆ULTRA HAPPY☆

【自作人形】魔王・魔王の手下・フーちゃん

どうも、MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事はこちら

ブログ用_魔王たち002
『映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』より、
・魔王(本来の姿)
・魔王の手下
(「カゲ~」っていう子。ノンクレジットだけどCV.アカンベェなの。だから余計好き。)

そして
ブログ用_魔王たち003
『映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』より、
・フーちゃん(第2形態)
これらを自作しました。

私は当時、アカンベェのような大型人形ばかりを作っていたので、
「たまには小さい人形も作ってみようかな?」と、
比較的作りやすそうなキャラクターをいくつか選び、実際に作ってみることにしました。


◆製作
ブログ用_魔王たち001

魔王の本体(ツノを含む)、魔王の手下(以下、「カゲ」と表記)、フーちゃんの頭は
紙粘土で作った玉を芯に、表面を石粉粘土で覆って、彫刻・彫塑しました。

魔王の翼、フーちゃんの身体は石粉粘土のみで作成しました。

魔王のしっぽは、アルミ針金で大まかに形を作り、
先端と付け根だけ、石粉粘土で形を整えています。


◆接続
・魔王の翼は、本体の適切な位置に取り付け穴をあけ、
ボンドで接着しました。

・魔王の尻尾は、本体に開けた穴に差し込むだけです。なので付け根が動きます。

・フーちゃんの頭と身体は、軸がプラスチックでできた綿棒(使用済み)の、
軸の部分を切り取って差し込み棒にしました。
(綿棒はガンプラのスミ入れペンをふき取るのに使ったもの←ケチくせえッw)

その差し込み棒を挿すための穴はドリルで開けただけです。

いつものような細工は特に行っておりません。

あとはいつも通りやすりがけをして仕上げです。
ブログ用_ベルチュー004



◆塗装
・魔王&カゲ
いつものようにアクリル絵の具で...いや待てよ?
絵を見る限り、魔王もカゲも、表面だけ色がちがうぞ。どうするかなぁ...

①黒く塗って、その上から魔王はクリアパープル、カゲはクリアブルーで塗る。
②魔王は紫っぽい黒で、カゲは青っぽい黒で塗る。

という案を思いつき、②を採用しました。
ところがいざ塗ってみると・・・ちょっと黒すぎたかなぁ。。

そこで銀色のアクリル絵の具を筆につけ、
つけた絵の具が「乾いてるんじゃないの?」ってぐらいカスカスになるまで筆から落とし、
塗ったときにラメが少しだけつくような状態にして、
黒くなった魔王とカゲを塗ってみると...お!?
なかなかよさそうな色合いに。

でも銀を塗りすぎたので、さっきよりも紫が強い黒、青が強い黒を重ね塗りし、
改めて製作したメタリックパープルとメタリックブルーを薄く塗って完成です。

劇中の色とは...だいぶ違いますが、それなりの雰囲気は出せました(^_^;)


・フーちゃん
直前のガンプラ製作に初めて使用して気に入った
ガンダムマーカーのゴールドで塗装しました。
ブログ用_魔王たち004
↑ただ、1回目の塗装ではやすりがけが足りなかったせいで、粘土の繊維がケバ立ち、
美しくなかったので、、、

再びやすりがけをして、2回目の塗装を行いました。
ブログ用_魔王たち005
今度は先ほどよりもうまくいったようです(´∀`)

表情を変えたかったので、顔はのっぺらぼうのままにして、
目はあとでパソコンで描く方式にしました。
そのおかげで最初の写真のようなダークver.も再現できます。



◆台座とか
まず、フーちゃんですが、こんな体型をしていますから、そのままでは自立しません。
そこで、ちょっと高いお菓子の箱のガワ=プラスチックごみ(=薄いプラ板)を
適切な大きさに切り取り、一部を折り曲げ、反対側には穴をあけ、
フーちゃんの首と胴体の間に通してみました。
ブログ用_魔王たち006
なんだか電気製品の絶縁体みたいですが、
こうすることで、台座代わりになってちゃんと自立してくれたり↓
ブログ用_魔王たち007

クリップ(写真は洗濯バサミ)を挟みこんで固定できたりします↓
ブログ用_魔王たち008

魔王の台座はガンダムのガシャポンについていたものをそのまま使用。
カゲには台座はありませんが、
塗装の際の持ち手として使用した綿棒の切れ端を挿すことができます。


◆感想
正直申しまして、あんまり良い出来ではないですが、
小さいものを作るのも面白いなあ&意外と難しいなあ
と感じられたことが収穫だと思います。


☆ULTRA HAPPY☆
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE(別名まっぷる)です♪
更新頻度は適当ですが、よろしくお願いします☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。