Je M'appelle まっぷる 2013年11月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自作人形】ニンジンの妖精(通称:まなっしー)

(※この記事は人形作成よりもずっと後の
2014年6月に投稿したため、最新の写真や補足文章が混ざっております。)

どうも、MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事はこちら。
ブログ用_まなっしー008

アカンベェ以外の自作人形002「ニンジンの妖精(通称:まなっしー)」です。
元ネタはもちろん、『ドキドキ!プリキュア』の
第37話「なおせ好きキライ!ニンジンVS亜久里!」 に登場した“ニンジンの妖精”こと、
ブログ用_まなっしー017

ブログ用_まなっしー018
きぐるみを着た相田マナ(キュアハート)さんです。

偶然か意図してか、某・船橋の梨の妖精さんを彷彿とさせる甲高い声に
ブログ用_まなっしー012
超アクティブかつアグレッシブな動きを見せつけ、
ブログ用_まなっしー013

さらに中身がマナちゃんなのでネット上では
“マナっしー”とか“まなっしー”と表記されることが多く、
ブログ用_まなっしー009

いまではすっかり“まなっしー”の呼び名が定着し、
公式の関係者様を巻き込んで半ば正式名称と化しています。
ブログ用_まなっしー011

劇中での台詞では一人称は「ボク」、語尾は「~ニンジン!」でした。
でもついつい「~なっしー!」と表記してしまう方も多いですし、
あっちこっちで
ブログ用_まなっしー014
「ヒャッハーーーー!!」
「ニンジン汁ブッシャアアアァァァァァァアアアッ!!!!」
なんて台詞も勝手に付け加えられていきます(笑笑)・・・無理もありませんね…w

というか・・・そもそもニンジンのきぐるみなんてどこからわいたんでしょう(笑)
マナちゃんの自作なのか、何らかの生徒会活動の使いまわしなのか、
どこからか借りてきたのか、あるいは四葉財閥の力なのか…。
ブログ用_まなっしー015
(↑人形作成はちょうどこんな時期でしたね。。)

さて、今回の作品およびその付属品は以下の通り。
ブログ用_まなっしー010
・本体
・可動式の葉っぱ
・標準手パーツ2個
・曲げ手パーツ(左右兼用)1個
・標準脚パーツ(右)
・標準脚パーツ(左)
・曲げ脚パーツ(左右兼用)
・伸ばし脚パーツ(左右兼用)。

もちろん、オプションパーツは簡単に作れますので今後増やすことも可能です。
(補足:などと言っておきながら2014年6月現在増えていない...w)

用いた材料は、いつものアカンベェ人形と同様に紙粘土と廃材が主です。
さらに今回は“カラスダくん人形”と同様、石粉粘土も使いました。
具体的に述べましょう。

◆本体
まず本体は、ヤクルトの容器を核として、軽い紙粘土で覆っていきます。
こうすれば中は空洞ですから、粘土の節約と同時に本体の軽量化も図れます♪

ただし紙粘土だけでなく、
本体の下のほうの尖った部分の周辺のみ、重い石粉粘土で造形しました。
これはちゃんと2本の足で自立させるべく、重心を下部に,
つまり「上を軽く、下を重く」しようとしたからです。

すべての造形を終えた後、ニンジンの表面の切れ込み模様を彫りました。


◆手足
続いて手足についてです。手足は石粉粘土のみで造型し、
いつもどおりガンプラのPCランナーの切れ端を差し込み、
ボンドで接着して差し込み用棒としただけの単純なつくりです。
標準脚パーツはつま先の向きが決まっていますが、
それ以外の手足は基本的に左右どちらにも使えます。

差し込み穴は、本体に適切な位置に穴をあけ、
これまたいつもどおりビニル皮膜付き針金...
・・・から剥いた皮膜を接続穴として取り付け、作りました。


◆葉っぱ
さて、このお人形で一番悩んだのが葉っぱの部分です。まず、どうやって造形するか。
茎は針金?粘土?
葉っぱはどうするの?1枚1枚葉っぱを作る?粘土で作る?
紙粘土でチネリ米をいっぱい作って合体させる?
それとも既製品の葉っぱを使う?

・・・すっかり困ってしまいました。
ネットでニンジンのマスコット作例を検索しても、思うようなものはなく、
既製品の葉っぱもニンジンっぽいものは見つけられませんでした。

悩んだ末、結局、紙粘土で造形することにしました。
まず、茎の部分は紙粘土で大まかな形の円錐台を作った後、
スジを一本ずつ彫っていきました。

茎はこれでよいとして、問題の葉です。
大まかに丸めた紙粘土を、新たに用意したヤクルト容器(セロテープで口をふさいだもの)の
口の部分にギュッと固定。そしていったん乾かします。
その後、乾かした紙粘土の表面をさらに紙粘土で覆い、
シャープペンの裏で突きまくりました!!

ヤクルトの容器が台座になってくれているので、
ペンで突いた造形を手でつぶしてしまう心配がありません♪
乾いたらもう一度紙粘土で覆い、また突きまくります!!

こうして造形したものをヤクルト台座からポコッと外し、葉っぱの造形は完成です☆

ヤクルト台座にギュッと押し込んだ跡である大きな穴の部分に、茎を差し込みます♪
上手く葉っぱと茎ができました(^^)やったー☆

さて、オレンジ色の本体と緑の葉っぱの接続です。
最初は固定式にしようと考えましたが、やはりあのアクティブな動きを
ほんの少しでも再現したいと考え、可動式にしました。
接続部分にはガンプラの余ったPCパーツを試験的に取り入れてみました。
ブログ用_まなっしー016ポリキャップ
ガンプラでは主に首関節に使われるアノ部品(旧型)です。

まず茎と本体がこすれあわないように造形を手直ししてから、
ボールのついた方のパーツを
本体内部のヤクルト容器に挿してボンドで接着後、
紙粘土で埋め込んで完全に固定。

同様にボールを受けるほうのパーツを
茎の先端にボンドで貼り付け、紙粘土で埋め込んで固定。
ブログ用_まなっしー002
(茎の長さは適宜調整しました。)

この加工により、かなり自由に動くようになりました。
カラスダくん人形の首もこれにしとけばよかったかなぁ、と後々になって思います(^_^;)


▽ごめんなさい、製作途中の写真はあまり撮っていませんでした。
いくつか撮った写真を載せておきます↓

ブログ用_まなっしー001
(まだまだ形ができていない頃)

ブログ用_まなっしー003
(とりあえずカタチになったところ。)

ブログ用_まなっしー004

ブログ用_まなっしー005
(この時点ですでに完成系と同等の動きがとれます。
ただし、脚はまだやすりがけしていないようです。)

ブログ用_まなっしー006
(付け替え用手足の製作と、全体のやすりがけが済んだところ。
ここからさらに各部の微調整をしました。)

ブログ用_まなっしー007
(色を塗る前日...だったかな。このアングル、なんだかイラっときますねww
背後には製作途中のスーパーアカンベェが写っているようです。)




さて、当時のTwitterでは私のこれまでの作品では考えられないほどの
RT・Favorite・コメント・リプライ件数にのぼり、
RTおよびコメントしてくださった方の内には
なんと公式の関係者様もいらっしゃいました。感無量です。

しかし、、このまなっしー人形、施工期間はわずか2週間ほど。。
それまでに何カ月もかけて4体(赤・青・黄・緑)のアカンベェを完成させたというのに、
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_011
それを差し置いて、たった2週間でつくったお人形の方が人気者になってしまいました(涙)
これが社会の厳しさというものでしょうか(T-T) アカンベェさんたちが気の毒です(苦笑)



さて、今回も遊んでみた写真を載せて記事を終わりましょう。
記事の更新日が人形作成からずいぶん日がたった、
2014年6月ですので、私の手元には「S.H.Figuarts キュアハート」があります故、
その写真とともに。
ブログ用_まなっしー019
(同じくアーツのキョウリュウレッドのガブリボルバーを持たせた...というか乗っけた図)

ブログ用_まなっしー020
(いやもう、ブレイブすぎて勝てる気がしません...w)

ブログ用_まなっしー021
(「キョウリュウチェンジ!!」)

ブログ用_まなっしー022
(普段はあんなにカッコいい戦いをするのに、
きぐるみを着てあんなにアホアホなことをやってのけるのも、
マナ会長の魅力だと思うわけです...笑)


☆ULTRA HAPPY☆
スポンサーサイト
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE(別名まっぷる)です♪
更新頻度は適当ですが、よろしくお願いします☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。