Je M'appelle まっぷる 2013年09月
FC2ブログ

スマイルプリキュア!聖地巡礼③~台湾・九フン~


こんにちは、MS-SMILE/まっぷるです。

京都、大阪を制覇してまいりました、
私のスマイルプリキュア!の聖地巡礼(?)旅シリーズも、
ついに国境をまたいで海外進出いたしました☆

というわけで、私が台湾に旅行に行ったときに見たものを
少しだけ紹介しますよ。

ブログ用_台湾016九份お茶屋さん

元々はタイトルにあるような「聖地巡礼」が主な目的、
というわけではなかったのですが、
「せっかく台湾に行くのだから、聖地・にも行きたいなぁ」と
狙ったことは否定しません(笑)




2013年の9月はじめ、私は母と二人で台湾へ旅行に行きました。
内容はごく普通のツアー旅行ですので、
そこいらの旅行サイトから申し込めばいつでも行けるような、
いわば「日本人が行きそうな観光地」がほとんどです。具体的に少し述べますと、

2014年には東京でも展覧会が行われた、故宮博物院や、
お腹がちゃっぽんちゃっぽんになるほど試飲させられるお茶セミナー(笑)、
歴史的な門で兵隊さんが定時交代の際に行進する様子...など色々を見学しました。
他にも夜市など、とにかく色々と楽しむことができました。

さて、このようにツアー自体はごくありふれたものですが、
私がこだわったのは「九份(きゅうふん)」へ行くこと。
今回もオプションで「ナイト九份ツアー」なるものが付いているプランを選びました。

九份といいますと、テレビにもよく登場する観光地ですが、
ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の世界観のモデルとなった街としても有名です。

しかし私にとっては別の意味も持っているわけです。
それは『スマイル』第30話「本の扉で世界一周大旅行!!」に登場した街、
いわば“聖地”だということ。
劇中では1分にも満たないシーンでしたが、
なおちゃんがラーメンを6杯も食べていた、インパクトのある場面です。

「9月の初めにどこか旅行に行きたいなぁ」と思っていた際に
何気なく、「台湾 スマイル」などとTwitterで検索してみたところ、
台湾人のプリキュアファンの方が現地の写真を投稿されていました。

その中には印象的なあの長〜い階段のほか、
なんとラーメン屋さんのモデルとなった芋だんご(芋圓といいます)屋さん
の写真まで投稿されているではありませんか!

さっそくその方にお訊ねしたところ、
「九份老街」に行けばすぐに見つかる、とのことで、
私の聖地巡礼魂が燃え上がりました(炎)

これまで京都や大阪、横浜など、
国内のいろいろな箇所を巡礼+旅行してまいりましたが、
まさかの聖地巡礼で海外進出できる、またとない機会。

その後、台湾旅行のツアー、および台湾の市場などをいろいろ検索してみたところ、
実に面白そう!

とりあえず立てた計画に、私も母も「これなら楽しそうだよね♪」と意見一致。
台湾旅行が決まりました。

そして旅行当日。その週はなんと、スマイル第30話からちょうど1年が経った週でした。




キャプ画がないのでちょっと申し訳ないですが、以下、九份での写真です。

あの長~い階段。豎崎路階段道といいます。
ブログ用_台湾010九份_豎崎路階段道

あの場所で「はい、ピース☆」
ブログ用_台湾011九份_豎崎路階段道本人入り

観光客(日本人も多い)が多くて、
落ち着いて写真を取っていられませんでした(苦笑)


こちらは『千と千尋の神隠し』の「油屋」などのモデルとなったお茶屋さんです。
ブログ用_台湾012九份お茶屋さん

ブログ用_台湾013九份お茶屋さん

この間に晩御飯を食べ、再出撃!

お次は「さっきのお茶屋さん側から見ると九份老街の最後の方にある」と
言えばよいでしょうか、
あのラーメン屋のモデルとなった芋団子屋さんです!!
ブログ用_台湾014九份白梅芋圓店

あのお店にそっくりですよね!

後に分かりましたが、大塚監督がご友人に頼んでロケハンされたとか。

ちなみにこのお店、19:30には閉店しちゃいます(早っ!)
ブログ用_台湾015九份白梅芋圓店
私が到着し、写真を撮らせてもらった直後、シャッターが閉まりました。
「他の観光はあとでもできるから、先にお店を探してきたら?」と
アドバイスしてくれた母のおかげでした('∀`)

このお店の名前は「白梅芋圓店」といいます。

ん・・・?白梅??

そう、修学旅行京都編で「ラストに舞妓さんが出てきた」あのお店
のモデルとなった料理旅館の名前も
「白梅」でした!
018-2.jpg

すごい偶然ですね!


冒頭の写真は、この後に撮ったお茶屋さんの写真だったのでした。
ブログ用_台湾016九份お茶屋さん
このときも写真を撮る観光客が多い多い...!



さて、プリキュア聖地巡礼に関係のある内容はこれでおしまい。

他にも色々見てきましたが、あくまで“家族旅行”なので詳しくは述べません。
ただ、印象に残ったものや、グルメをちょっと紹介しましょうか。


まず印象的だったのは、信号機。
色が変わるまでの残り秒数をカウントするタイマーがいちいち付いています(笑)
まあ、そこまでなら大阪とかでもたまに見られますよね。

でもそれで終わりじゃないのがやはり外国。
なんと歩行者用の青信号の人間マークが動きます!
そして残り秒数が少なくなると走り出します(笑
ニコニコ動画の隅っこのアニメを彷彿とさせましたw

残り秒数は場所によって異なりますが、
ひどいところでは
「青信号になると歩き出す→残り30秒でゆるゆると走る
→のこり20秒で焦りだす→残り10秒でダッシュ!!!」
みたいな状態です(笑

そういえば、その数ヶ月前にタイを訪れた際も
残り秒数タイマーはどこにでも付いていましたし、

数ヶ月後に韓国済州島を訪れた際も、
青信号マークが「走り出す」まではいきませんが、
残り秒数のタイマーと共に、日本よりも激しく点滅していました。

そして中国に行った際も、青信号マークさんが
(モーションは台湾ほど高いクオリティではないものの)
やはり走っていました。

アジア圏では信号が慌てん坊さんなのは
割と一般的なのかもしれませんね〜(笑

そんな慌てん坊さんな信号がいっぱいの駅周辺には、
おいしいグルメがたくさんあります。
たとえばこれ
ブログ用_台湾001胡椒餅
「胡椒餅」という、表面がパリパリな肉まんみたいなものを売っているお店です。

コンビニで買ったパパイヤミルクと共に。
ブログ用_台湾003グルメ

中身は肉まん~餃子 あたりに近いです。
ブログ用_台湾004胡椒餅
とても美味しかったですが、
店主さんが「アツイヨ!」と言って手渡してくれただけのことはあり、
案の定、口内を火傷してしまいました(苦笑)
パパイヤミルクで必死に冷やしました...。

そのパパイヤミルクを買ったコンビニというのが
ブログ用_台湾002ファミマ
ファミリーマートです。

タイや中国など、アジア圏ではセブンイレブンと並んでかなり普及しています。

台湾では「信号の数よりもコンビニの数の方が多い」と言われるほど、
本当に、どの通りにも必ずコンビニがあるんじゃない?ってぐらい
ファミマとセブンイレブンだらけでした(笑)

街中にコンビニがいっぱいあり、しかも商品価格も手ごろなので、
その分、飲み物を売る自販機などがほとんど見られませんでした。



さて、台湾には何カ所も市場があります。
到着当日の夜にツアーとは別に1カ所訪れた
ブログ用_台湾007士林市場
士林市場のほか、
元々の九フンツアーにも1カ所含まれていました。

しかしそれらは必ずと言ってよいほど、
現地ガイドさんにさえ
「クサイ」「キタナイ」「保〜証はデキマセ〜ン」と
言わしめるような場所も多々含んでいます(苦笑)

確かに、市場で地下街がある場所なんかは凄まじいニオイ…w

でも、実に面白いです。
台湾に限らず、タイや韓国済州島でもそうでしたが、
市場には(アタリハズレの見極めは必要ですが)
安くて美味しいもの・面白いもの・掘り出し物がいっぱいあります。
そして人の良い方ばかりです。
タイではウチの家族のしつこい値切りにも対応してくれました。
韓国では優しいお母さんがお土産をいっぱいサービスしてくれました。
中国では・・・うん。。

で、この士林市場には地下鉄で行きました。
切符がICチップ入りのコインであること以外は、日本とほぼ同じです。
運賃がかなり安かったです。
ブログ用_台湾005地下鉄コイン

改札に入る時はコインを改札にタッチします。
ブログ用_台湾006地下鉄改札
出る側の改札には、チャリン する穴があります。


で、市場でおいしかったもの。

パパイヤミルク!(またかよ!
ブログ用_台湾008士林市場パパイヤ

ブログ用_台湾009士林市場パパイヤ

実は以前にタイの大型テーマパーク『プーケットファンタシー』で
飲んだパパイヤミルクがめちゃくちゃ美味しくて、
それ以来、行く先々でパパイヤミルクを試してしまうのです(笑)

しかし、プーケットファンタシーで飲んだものが一番おいしかったです。


最後に、これは別の日(=九份に行った後)に
ツアーについていた市場付近で食べた、ガイドさんオススメの
マンゴーかき氷!
ブログ用_台湾017かき氷
これは暑い日にはたまらなかったです!本当においしい!
最近は日本でも、台湾式のかき氷(カンナがけしたみたいな削り方)は
よくみかけますね。

(余談)
そうそう、これは現地ガイドさんがお話ししていたことですが、
台湾では男の人のほうが料理が上手なんですって。
というのも、兵役があるため、自分で料理しないと生活できないからです。
また、その一方で、市場や商店街に行けば
本当に安価でお腹いっぱいになれるので、
料理をあまりしない奥さんも多いのだとか(^_^;)
もちろん、全員が全員ではないはずですがw

外国の文化も、筋道通して考えると興味深いですね♪





さて、長文駄文でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。
質問などがございましたらお気軽に。


☆ULTRA HAPPY ☆
スポンサーサイト

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) おしながき

どうも、MS-SMILE/まっぷるです(^^)

現在スーパーアカンベェのお人形を制作中な私ですが、
あんまりにも腰痛がひどくて身動きが取れないので、
この隙に黄色っ鼻アカンベェ緑っ鼻アカンベェのお人形についての
記事を書いてしまおうと思います( ̄∀ ̄;)




さて、さる7月15日に完成しました、黄色っ鼻アカンベェさん
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_024

そして、9月9日の0時ごろに完成した緑っ鼻アカンベェさん
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_028_2
(↑完成直後の写真)

彼らは以前の青っ鼻アカンベェの制作記のラストで、鼻だけ登場しましたね(笑)
アカンベェ_鼻(ブログ用)

そんな彼らを作った様子や遊んでみた様子をまた、
いつも通りまとめていきます。(短くまとまってはいないですが...)

~おしながき~

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~制作記録~

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~レビュー編

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~遊んでみた編~

↓こちらもどうぞ↓
赤っ鼻制作記

青っ鼻制作記


☆ULTRA HAPPY☆

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~遊んでみた編~

スマイルプリキュア!第23話のあの壮絶な戦いから一年。。
再び戦いが幕を開けた...!!
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_001

雪辱を晴らせ!!アカンベェっ!!!!!
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_002
このときから、背景やオーラをパソコンで描きこむようになりました。下手ですが...
え?なんでかって、そりゃあ、

・・・描きこまないと自室の壁丸出しで不格好じゃないですか(^_^;)
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_003

ともあれ、3体のアカンベェが初めて揃った瞬間。
これはテレビでも見られなかったので、とても嬉しかったです♪
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

我ら!
\絶望戦隊!サンバルアカン!!/
\アカンべンジャーズ!!/
\我こそは絶望の使者、悪完兵衛!!/
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_004

「えっ...?一たす二たすサンバル...」
「いや、AKANVENGERSやr...」
「いや!“悪・完・兵・衛”で“バッド・エンド・ソルジャーという意味を...”」

そんなふうに仲間割れしている間に・・・

やられちゃいましたとさ(´ε`)=3
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_005
そうして決まった彼らのチーム名は
「必ずやられる三人組!ゼンメイツ!!」なのでした♪

その後、我が家にアレが届きました。
そう、「S.H.Figuarts キュアピース」です☆
大好きなスマイルプリキュアがようやく可動キット化された嬉しさで、
思わず顔がほころびます(^^)

「さあ、これでようやく、我が家のアカンベェや他のヒーローと合わせて、
あんなブレイブな遊びやこんなショータイムを繰り広げられるぜッ...!!!」
と、思った矢先、念のために中身を細かく確認してみると、
右足のブーツに明らかな塗装ミスがありました。。
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_006

塗装ミスを敵にグチるピースさん。。。
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_007
でもやよいちゃんが他人にグチることなんてないでしょうね(^_^;)


八つ当たりのピース...
サンダァァァァァァァァァァァァァァっ!!!!

緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_008

翌日、財団Bことバンダイさんに問い合わせたところ、早くもその翌日に交換品が届き、ひとまずホッとしました(^_^;)

いろいろな方のブログやツイートを拝見すると、配色ミスやパーツの封入ミスは決して珍しくはないようですが、
「まさか自分がそんなことあるわけないよなぁ~」と思っていただけに、驚いて、
一瞬「ギャーーーーー!!どーしよーーーー!!」と、ヒヤヒヤしてしまいました(苦笑)

なにはともあれ、無事に交換できてスマイルスマイル♪
ということで、今はとっても楽しく遊んでおります(^^)

☆ヒーローオタクたちの喜びのサンバ☆
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_009

あ、9月発売のキュアハッピーや、受注受け付け中で本命のキュアビューティも当然のごとく予約しました☆届くのがとっても待ち遠しいです♪
・・・ですが、今後プリキュアの数が増えるたびに、アカンベェさんたちは真っ青になってしまいそうですね...


えーと、この写真は...そうそう、ASNSの地上波放送の記念です。。(笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_010


そしてその後、緑っ鼻さんが完成したんです♪
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_011

(設定が詳細でない緑っ鼻さんが戦力になるかどうかは置いといて)
4人で挑めばプリキュアに勝てる!!
我ら!\アカンベェ4!!!!/...決まったッ!!!

さあこい!プリキュア!!

挑むはS.H.Figuarts キュアピースさん。
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_012



・・・結局負けました(苦笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_013



ところで、制作記で述べました通り、緑っ鼻が完成したのは9月9日です。
この日はなんと、、、
アカンベェ役の佐々木啓夫さんのお誕生日です!!!
緑っ鼻・黄色っ鼻_VSプリキュア_014

別に狙ったわけでもなんでもないんですが、運命的なタイミングに完成できて嬉しいです。

佐々木さん、これからも素晴らしいお芝居を!



さて、以上で黄色っ鼻・緑っ鼻の記事は終了です。
長々とお付き合いいただいてありがとうございましたm(_ _)m


私のスマプリ(勝手に)1周年企画はまだまだ続きます。
次の記事では...これまた運命的な週に、なんと海外進出しましたからね...
京都、大阪に続く、スマプリ聖地巡礼で(笑)

そして現在、スーパーアカンベェを制作中です☆お楽しみに!

☆ULTRA HAPPY☆

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~レビュー編~

さて!!ここからは完成した黄色っ鼻緑っ鼻の紹介に入ります。

正面!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_001

左側!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_002

背面!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_003

そして左側!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_004

写真を撮って遊ぶために背景用の模造紙を購入したので、以前よりも少しは見えやすくなっていますでしょうか?

パーツ構成はこのようになっております。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_005



ちなみにこの黄色っ鼻さんの紫色の岩ボディ。いつも通りアクリル絵の具で塗装したのですが、その紫色がどうしても思うような色にならず...なんかグレーのような紺色のような不気味なアカンベェになってしまい。。

そのとき妹が「色、作ってみてもいい?」というので任せてみると...
「その色やぁぁ!!!!!」と叫んでしまうほど、見事な紫色を生みだしてくれました(喜)(嬉)

そんな感じで、今回は妹と一緒に楽しく作業ができたのでウルトラハッピーです☆

・・・しかしその後、事あるたびに妹に
「おい、あのとき紫色作ってやったんは誰やったっけ?え?(睨み)」
「あれェ?アカンベェのは...(ジロり)」
と、いちいちネタにされ、こき使われたりします(苦笑)
しかしこの紫色は本当に重要だったのですよ(>_<)




・・・っと、そんなことより、順を追って組み立てていきましょう(^_^;)

まず、おもり用の消しゴムを内蔵した土台に、尻尾を挿しこみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_006

するとこのようになります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_007

そこに、太い針金を挿しこみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_008

胴体の2段目を挿しこみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_009

さらに、3段目(元・洗顔料ボトルキャップ)を挿しこみますが、
ここには穴を2つ開けてあります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_010

するとこのようになります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_011
2段目には傾斜をつけてあるので、
3段目が傾いてくれるようになっています。
また、3段目の上にも、首を挿しこむ穴を、中心から少しずらして2つ開けてあります。
ついでに3段目は前後対象に作ってありますので、前後の向きを変えることと、上下の穴4つの組み合わせでいろいろな姿勢を表現できます。

さて、お次は頭部です。内側はこのようになっておりまして、
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_012
目を挿しこむ穴が2つ。
加えて、鼻と口を止める磁石をつけるためにヨーグルトカップがむき出しになった部分があります。
そんな感じで内側は不格好ですが、胴体に取りつけてしまえば隠れてしまうので特に問題ありません(^_^;)


穴に目を挿しこみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_013
鼻の上=額の模様はこちらに直接描き込んでいます。

鼻・口も取りつけると、頭部の完成です☆
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_014

後頭部は、あまり平らにしすぎず、ごつごつした岩っぽい感じにしました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_015

その頭部を、胴体3段目の穴のいずれかに挿しこみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_016

本体の完成です。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_017

お次は腕です。手首の挿しこみ棒を、腕の挿しこみ穴に入れます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_018

反対の腕も同様に。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_019

関節の構造上、
手首は構えた状態~まっすぐな状態(赤い手のように)に動かせるのと、
回転(青い手のように)できるようになっています。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_020
結構動きます☆

完成した腕の、肩部分の挿しこみ棒を、胴体3段目の挿しこみ穴に入れます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_021

完 成 ! !緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_022

こうして比べてみると、赤っ鼻や青っ鼻よりもガッシリした手になったと思います。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_023

というわけで、全体を通してこのような構造になっておりますので、
このように迫りくるポーズから、
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_024

アホっぽいポーズまで、結構動かせます(笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_025


一応、いつものゴミバケツやおわんボディにも取り付けることができます。
ちょっとキモい...?(苦笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_026
・・・というか、もしも黄色っ鼻がゴミバケツに憑依したら、ゴミバケツよりもむしろ中に入ってるゴミが本体の巨大ヘビになりそうな気がしますね(^_^;)ホコリまみれな感じの...




さて!お次は緑っ鼻を見ていきましょう♪

正面!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_029

左側!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_030

背面!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_031

右側!と、ついでに腕を上げた様子♪
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_032
手足は灯油ポンプの管=既製品を使っているので、劇中通りの形を再現できたとは言い難いですが、それっぽくはなったので気に入っています。

パーツ構成はこのようになっております。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_033
あ、各部に黄色の塗装が施されていますが、
一応腕は深緑、浮き輪は黄緑、鼻はで...etc
というふうに、色分けはしているんです。。写真では分かりづらいですよね(^_^;)

浮き輪は、本体に脚を装着するときに干渉しないように、左右にくぼみを作っています。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_034

手です。赤っ鼻や青っ鼻よりも小ぶりで、グーの形にしています。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_035

目と口です。緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_036
表情をつくるために、唇の裏の一部は目蓋に当たってしまう作りになっているので、その部分の塗装は目蓋と同じ色にしています。所詮アクリル絵の具ですから、擦れるとすぐに色が落ちたり映ったりしてしまうんですよね~。


一見似ている、赤っ鼻の口パーツとの比較です。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_037
緑っ鼻は赤っ鼻よりも口角を上げて可愛らしく、舌もやや短めに出しています。


靴の部分です。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_038
制作記でも述べましたが、現在コンプリートファンブックにしか(たぶん)載っていないペンギンみたいな靴は、ホイッスルアカンベェと白黒印刷の色合いを手掛かりに赤で塗装しました。





さて、4色のアカンベェの共通規格パーツを並べてみました☆
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_039
思えばよくこんなに作ったなぁ、と(笑)

これだけのパーツが揃うと、こんなこともできるんです...

アカンベェ・コンボ!
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_027
タトバコンボもびっくりです(苦笑)

仮面ライダーオーズでいうところの亜種形態、はこんな感じ。。
緑っ鼻・黄色っ鼻_レビュー_028

意外と悪くないかも??(笑)


さて、そんな遊びではなく、もっとちゃんとした遊びをしてみましょう♪
何をするかって・・・?

プリキュアをやっつけるんですよッ!!!


~遊んでみた 編 に続く~


☆ULTRA HAPPY☆

アカンベェ人形3号・4号(黄色っ鼻・緑っ鼻) ~制作記録~

さて、いつも通りの制作記です。

そもそも、なぜ黄色っ鼻緑っ鼻を同じ記事にしたかと言いますと、
同時進行で作ったので、写真が混在してしまってるからなんです(^_^;)
(厳密には、現在制作中のスーパーアカンベェさんも同時に作り始めました。)

黄色っ鼻緑っ鼻も、基本的には最初のコンセプトに則ります。
ではここで、コンセプトをおさらいしてみましょう。



『アカンベェ立体化計画』

立体化というと唯一、キャラクターショーのアカンベェがそうですが、

僕が欲しいのはデスクに置けるサイズのお人形。
しかも、自由に遊べて、バリエーション豊富で、
かつ、いろんな物に憑依させられるもの。


そして、大まかなイメージが出来上がりました。

それは、

トイストーリーのポテトヘッドみたいな人形(笑)
身体の各パーツを差し替え式にして、バリエーションを増やす!

とりあえず部品を集めることから始めます。ただし、それには制約を設けました。

①材料は、安価なもの,あるいは廃材を使うこと。
②遊ぶ上で自由度の高いものを目指すこと。つまり、ある程度は可動式であること。
③パーツ互換式で、赤っ鼻や青っ鼻の組み換えや、憑依するボディの変更が行えること。
以上が主な制約(?)というか、モットーです☆




上記のモノが、最初の赤っ鼻アカンベェを作ったときのコンセプトです。
というわけで、基本的には赤っ鼻や青っ鼻のときと同じ規格で作っていきます。

まずは目です。赤っ鼻や青っ鼻のときと同じく、
駄菓子屋のプリキュアゼリーのカップで型取りした紙粘土に、
プラモデルのPCパーツのランナーの切れ端を埋め込んで作ります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_002
実は写真に写っているもののうち2つは、
スーパーアカンベェ用に軸を少しずらしてあります。

では、まずは「赤っ鼻や青っ鼻の交換パーツ」として作っていく緑っ鼻さんですが、
いつもは針金を骨格に紙粘土で造形してきました。
ですが今回は緑っ鼻さんの、びっくり箱だかコロ助の腕や脚ような(?)
あの可愛らしい腕や脚を再現するにあたって、
赤っ鼻制作時に材料として最初に買いためておいた、
100円ショップの灯油ポンプを使います♪
007材料

いつも通りの紙粘土製の腕・脚の外側に、
灯油ポンプの管を被せようというわけです。

緑っ鼻・黄色っ鼻_001
今回、肩の差し込み穴にあたる部分を、チュッパチャップスの棒から、
太い針金を切った際に余ったビニル皮膜に変更しました。

これにより、滑り止めが効くわけです♪ ガンプラでいう、PCパーツの代わりです(^^)
旧式の赤っ鼻と青っ鼻は、遊んでいる最中に、
腕がずり落ちてきちゃっていましたからね(苦笑)

紙粘土だけでなく灯油ポンプの重さがある分、
今回は余計に、過去のの反省点を生かしてみました。

とりあえず骨格に薄く粘土を盛ったものを、
本体に装着してみました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_003
口もいつも通りの作り方で、紙粘土に磁石を埋め込んだものです。

徐々に粘土の厚みを増やし、ポンプ管を脚にはめてもずり落ちない太さになりました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_004

腕も同様です。腕も脚も、ポンプ管はボンドで固定しました。
ここで、ミンティアの空容器が登場します。
空容器に穴をあけて、脚に通しました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_005

このミンティア容器を適当な形に切って、
緑っ鼻・黄色っ鼻_006

こうして粘土を盛ったものを靴の部分にしてしまうわけです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_007
一緒に写っているのは、修正を加えつつある口パーツです。



さて、緑っ鼻の靴部分にまつわるお話を。
緑っ鼻といえば、スマイルプリキュア!の
第29話『プリキュアがゲームニスイコマレ~ル!?』に登場しました。
ゲーム空間で何の前置きもなく突如登場し、特になにかしらの設定があるでもなく、ただただ可愛らしいデザインの緑っ鼻さん。
実はテレビ画面に一度も、正確な“靴”の形が映っていなかったんです。
いや、厳密にはホイッスル型のアカンベェさんが“星のカービィ”のような靴でしたが、
ほかの緑っ鼻さんたちと比べてめっちゃ単足なので、簡易版のような印象を受け、制作を保留していました。。

ところが、画期的な資料となる商品が登場しました。
それが、「スマイルプリキュア!コンプリートファンブック」でした☆
その最後の方のページのアカンベェ一覧には、ちゃんと、
ダイビング用のフィン、あるいはペンギンのような可愛らしい靴が描かれていました(^^)
色までは描かれていませんでしたが、先ほど述べたホイッスルアカンベェくんと同じ、
赤で塗装する予定としました。

実は僕がファンブックでいちばん嬉しかったのって、
緑っ鼻さんの靴の形が分かったこと。だったりします・・・(笑)




えー、さて気を取り直して。
緑っ鼻さんの制作は、あとは造形を進めるのみ。

では、黄色っ鼻さんの制作も進めていきましょう。

黄色っ鼻さんは劇中登場回数はたったの2回、
しかも1回目と2回目で顔のデザインが異なる上に、
他のアカンベェとは根本的にボディの特徴が異なるという、
コンセプト通りに立体化するにはかなり厄介なヤツです。。

しかし個人的には、スーパーアカンベェやハイパーアカンベェを除いた、
“無加工タイプ”(←私が勝手に呼んでいます)のアカンベェの中では最強の戦闘力を誇る黄色っ鼻さんは、やはり立体化したい願望が強かったです。
というわけで、ハッピーとタイマンを張って圧倒的な強さを見せつけた、
「岩ヘビゴーレムアカンベェ(通称・イワークアカンベェ)」をチョイスして制作を始めました。

私のアカンベェ人形はパーツ付け替えがコンセプトであるにもかかわらず、
それまでのパーツ規格をまったく無視したボディ制作に乗り出しました。




まずは頭部から。もう、目標は単純。動かせるようにします!
なんてったって頭が可動式じゃなきゃ、小学生の工作と一緒ですからね。。

いつか作りたいハッピーロボ用にためておいた材料たちが活躍します。
ヨーグルトカップと、え~...何と述べればいいのでしょう。。
お店で値札を立てているアレ、ですね。
値札スタンド、とでも呼びましょうか。
緑っ鼻・黄色っ鼻_008

ダイソーで3本入りで購入した値札スタンド。
これにはいくつもの関節があって、結構自由に動くので、
ハッピーロボに使えるかなぁ~...と思ってグネグネ動かしていたら、
値札を挟む部分が割れちゃいまして、保留していたもの。

その割れてしまった“値札を挟む部分”をボンドと針金でヨーグルトカップにしっかりと固定!
(完成形を予想しつつ、つける向きや位置も考えながら固定しました。)
緑っ鼻・黄色っ鼻_009

これに紙粘土を盛っていきますが、そのまま盛ると確実にポロっと取れてしまいますので、
カップにたくさん穴をあけて、内側からもガッチリと粘土も盛る計画にしました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_010

そして同時に、ボディとなる岩を紙粘土で作っていきます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_011
いちばん大きな岩パーツには、完成時の自立性を高めるために、
要らなくなった重めの消しゴムを入れてあります。




また補足です。
いつもは真っ白なダイソー紙粘土を使っていますが、
今回の黄色っ鼻さんのボディは紫。
なので、赤と青の紙粘土を買ってきて、混ぜてみました。
しかし思うような色にならず、小学校のときの使い残りの絵の具を混ぜてみましたが、
それでもうまくいかず。。


結局、強度を高める目的もあって、いつも通りアクリル絵の具で着色する計画になりました。
その塗装のための紫色を作る際にもまたいろいろありました。。。(^_^;)




さてさて、黄色っ鼻さんの制作を進めると同時に、
緑っ鼻さんの様子はこんな感じに。
緑っ鼻・黄色っ鼻_012
ちょっと、それっぽくなってきましたね。
目の周りのお花のような模様はいつも通り、ティッシュの箱で試作しました。

一応、この段階でもちゃんと立ちます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_013

黄色っ鼻さんはと言うと、こんな感じ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_014
頭部につながっている透明なパーツは、
洗顔料のボトルのふたです(笑)
大事な胴体パーツなので、ちょっと丈夫にしようとした結果です。

あと、ヨーグルトカップ部分は内側からも外側からも紙粘土を盛ってしまったので、
磁石の力が伝わりにくく...くっつけた鼻もすぐに取れてしまう始末...
結局、内側の粘土を一部取り除いて磁石が使えるようにしました。


さて、ファンブックや劇中の黄色っ鼻さんとにらめっこしつつ、
赤サインペンで修正箇所にチェックを入れていきながら、
さらに粘土を盛っていきます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_015


緑っ鼻さんの手は、グーにしました。
このときはまだボクシンググローブみたいですね。
緑っ鼻・黄色っ鼻_016

黄色っ鼻さんの顔と、消しゴムを内蔵したパーツは、
赤ペンと白い紙粘土で修正を入れていった結果、こんな感じに。
これでもまだまだです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_017

さて、ここで、最初に作った目のパーツにまぶたをつけたので、
顔パーツに穴をあけて取り付けてみました♪
ついでに、赤っ鼻さんの口も付けてみました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_018
う~ん。。。やはり赤っ鼻の口だと印象が違いますねぇ...
でも、雰囲気が分かってきたので少しやる気がUP☆

一方、先ほどの写真にも写っていた通り、緑っ鼻さんはこんな感じ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_019

パソコンで目を描き入れてみましたが...
緑っ鼻・黄色っ鼻_020
口が赤っ鼻さんのモノなのはともかく、全体的に表情が違う...
もっと、ぽけ~っとしたような、少しいたずらっぽくて優しげな顔でないと。。
まぶたと口パーツには、改良の余地がありそうです。




さてここからは、黄色っ鼻の制作に重きを置きます。
というのも、黄色っ鼻の初登場から1周年の7月15日が迫っていたからです(汗)

急いで作り始めた、手のパーツ。
緑っ鼻・黄色っ鼻_021
従来の赤っ鼻、青っ鼻の手よりも大きく、掴みかかってくるようなデザインに作ります。

尻尾の岩パーツを色々な針金で繋げました。その後、両端はボンドで固定。
針金なので、少しだけクネクネ動きますが、あまりおススメはできません(^_^;)
緑っ鼻・黄色っ鼻_022

胴体です。
太い針金で串刺しにすることにしました。
一番下の土台には消しゴムが入っていますので、針金を支えてくれるくらいの、それなりの安定性はあります。
緑っ鼻・黄色っ鼻_023

腕となる岩パーツも針金で繋げました。片方の端には肩につなげるための棒(ガンプラのPCパーツの切れ端)を差し込んでから、両端をボンドで固定しました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_024

先ほど作っていた手です。手首をある程度可動式にしたかったので、うまく切り込みを入れて、ガンプラのランナーの切れ端を取りつけました。赤く塗られる右手には赤のランナーを、青に塗られる左手には青のランナーをつけました。
緑っ鼻・黄色っ鼻_025

現在揃っているパーツを合体するとこんな感じ☆
完成形のイメージが膨らみます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_026


さらに、
作りかけの口には短く出した舌を盛り、
手首の黄緑色(に塗装予定)のリング兼関節部分を制作。
手首関節は緑っ鼻の肩部分と同じく、太い針金のビニル皮膜を差し込み口にしました。
胴体の洗顔料ボトルキャップ部分には、前後対象になるように粘土を盛っていきます。(前後対象な理由は後ほど。)

そして合体!!
緑っ鼻・黄色っ鼻_027
この状態もなんだか、“復活途中”って感じで結構好きです(^^)

ぐわっ!! と掴みかかってくるような巨体はこの状態でも十分に迫力が出てきている気がします。
緑っ鼻・黄色っ鼻_028

手首は関節を仕込んだおかげでこのように、まっすぐに伸ばすこともできます。
緑っ鼻・黄色っ鼻_029
ただ、差し込み穴(ビニル皮膜)と差し込み棒(ランナー)の相性が悪く、奥までしっかりと挿さりませんでした(汗)もちろん、後に修正しました♪

何かを見上げる黄色っ鼻さん。(こんなポーズもとらせることができます。)
緑っ鼻・黄色っ鼻_030

その視線の先では、お人形さんたちが謎の集会を開いていました...(笑)
緑っ鼻・黄色っ鼻_030_2

この後、さらに修正を加えられた黄色っ鼻さんは塗装され、初登場から1周年の7月15日に間に合う形で完成しました☆
その全貌は後ほど!(レビュー編にて)




さて、緑っ鼻さんの完成も急ぎます。
・・・というのも、黄色っ鼻の翌週にお誕生日を迎えるスーパーアカンベェが、期日までにまったく完成しなかったため、せめて緑っ鼻は...ということです。。

とりあえず現状はこんな感じです。
緑っ鼻・黄色っ鼻_031
まず、赤っ鼻以来の、ペロ~ンと伸びた舌を追加しました。
前回はコンビニのフォークで作った舌パーツですが、今回はフォークが手に入らなかったので、
またまたミンティアの空き容器を加工して代用しました。

また、手首と足首の(深緑と黄色のしま模様に塗装予定の)リングを追加しました。
他にも、まぶたの形を修正。
唇も、下まぶたと重なるデザインになるように手を加えました。

加えて、おなかや首に装着予定の、緑っ鼻特有の浮き輪っぽいパーツを針金と紙粘土で制作し始めました。
そうそう、目の周りの黄色いお花っぽい模様になる部分も、PPシート(プラ板)で作成しました。

さて、おおよその造形を終えた形がこちら☆
緑っ鼻・黄色っ鼻_032
このぐらいになってくると、完成が近いようでなんだか嬉しくなります(^^)

緑っ鼻さんも手直しの後、塗装され、完成しました。
とはいえ、完成したのは初登場から1周年の9月2日をとっくに過ぎた、9月9日(月)。。
緑っ鼻さんのお誕生日に間に合わなかったのは非常に残念でした。
しかしその日は!ファンならご存知でしょう。そう!とても大切な方のお誕生日なのです!!

え・・・?カーネルサンダース...?
まあ確かにそうですけど...(^_^;)

とにかく、レビュー編で改めて紹介します!!

~レビュー編へ続く~



☆ULTRA HAPPY☆
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR