Je M'appelle まっぷる 工作
FC2ブログ

【自作フィギュア】『HUGっと!プリキュア』 プリキュアの剣 (変化前メロディソード)


チャオ!ごきげんよう!MS-SMILE/まっぷる です。

(私にしては珍しく)前回のあおちゃんギターからそれほど間をおかずに新作の
フィギュア用自作小物が完成しました。

今回紹介するのは―――こちら。


ブログ用DSC_0782_改

――― 明日を失いつつある世界のために、
 剣は何も持たない少女を選んだ。
 少女は剣に選ばれ、民衆とともに戦う ―――。



「ちがうよ 必要なのは剣じゃない」






ブログ用DSC_0794_改

ブログ用DSC_0807_改

ブログ用DSC_0795_改

というわけで、
『HUGっと!プリキュア』第11話より、“プリキュアの剣”をFiguarts用に作りました。



ブログ用DSC_0797_改

本編では、はな=キュアエールは剣に認められますが、敵を斬り伏せるための力を選ばず、剣はメロディソードへと姿を変えました。
1話限りの登場でしたが、まさに、未来の分岐点ともいえる重要なエピソードとなりました。
(1話でのはぐたんの介入自体が最大のターニングポイントだったものの、やはり剣も大きな分岐点だったと思います。)

また別の時間軸では、はぐたん=キュアトゥモローとその仲間のプリキュアたちも使っていた(とドクタートラウムの人形劇を見る限り推測できる)、もう一つの可能性の未来の象徴ともいえるアイテムでした。


ブログ用DSC_0784_改

ブログ用DSC_0786_改

ブログ用DSC_0785_改


そんな“プリキュアの剣”ですが、物語上もうキュアエールたちには必要のないものですが、
カラフルに光り輝く刃、ハートや翼をあしらった鍔など、プリキュアのアイテムとしては十分な要素が散りばめられており、なおかつ格好いい...。1度きりの出番なのがもったいないと思い、今回立体化してみました。

制作期間の8~9月の時点ではまだ設定資料集が発売されておらず、本編の描写以外に詳細なデザインは分かりませんでしたが、分からないなりにアレンジを加えて完成させようと割り切りました。






【製作過程】

まずは紙に図面を書いて大体の大きさを考え、それを基に厚紙でおおまかなモデルを作りました。
これを目安に、プラスチック材で本番を仕上げていきます。

ブログ用DSC_0770

材料はそこら辺にあったプラ廃材です。(普段からストックしています)
ダイソーで昔買った仕切り板(の使い古しの1ピースを折り取ったもの)と
プラモデルのランナータグを使いました。

それらをデザインナイフとヤスリで、ただひたすら地道に削りました…。
毎度のことながら、私は一体なんの職人なんだと思いました...w


ブログ用DSC_0766

ブログ用DSC_0768 ブログ用DSC_0769

ブログ用DSC_0772

ブログ用DSC_0773

ブログ用DSC_0774

しかし、ただ切り貼りするだけでなく、
丸みを持たせたり、角ばらせたり、パテを使わず、
補強を兼ねた部品を取り付けて立体感を持たせたり、、

ブログ用DSC_0778
部品を両側から挟み込めるように加工したり(束の一番下のグレーの部分)
あまりやったことのない工夫を色々凝らせたので面白かったです。

※写真の白い部分がダイソーの仕切り板、
 ピンク・青・グレーの部分はプラモデルのランナータグの切れ端です。

ちなみに上の写真でほぼ完成に見えますが、
塗装前に刃をさらに研ぎ直し?削り直し?て薄く・鋭くしています。


ブログ用DSC_0787_改

今回はフィギュアに持たせる前提なので、フィギュアに塗装が移ってしまうといけません。
そこで極力プラスチックの成形色を活かす方針にしました。
まともに塗装した部分はシルバーの部分ぐらいです。
※グレーの部品を4アーティストマーカーのシルバーで塗装しました。

その他、ポスカ(ラメ入りピンク/通常水色)を部品にチョンチョンとつけてから
しっかりめに綿棒でふき取る方法で
翼をうっすらピンクに、束はうっすらブルーに着色しています。

刃はセリアで買ったオーロラテープを貼りました。
(なかなか納得のいく色がなく、このテープを見つけるのが正直一番大変でした。。)

このテープがいい感じに働いて、角度によって様々な色に変化するようになりました。
ブログ用DSC_0811_改

ブログ用DSC_0809_改

ブログ用DSC_0808_改

ブログ用DSC_0802_改

最後に持ち手~刃の付け根にかけて模型用パールクリアスプレーを吹き付けて完成です!


プラ素材を薄く削り込んだおかげで重さもかなり軽く作れたので、キュアエールに持たせたまま台座なしで立つことも可能になりました。

今後発売されるマシェリ、アムール、エトワール(、アンジュもきっと出るさ!)に持たせるのも面白いかもしれません。


 ☆  ☆  ☆


さて、いかがでしたか?
今回はシンプルなつくりの小物ではありましたが、プラスチックの削り出しにかなりの時間を要してしまいました。。
しかしその分、仕上がりは満足のいくものになったと思います。

惜しむらくは、パーツごとに型取りして複製すれば良かったかなー、なんて思っています(^_^;)

既にTwitterで頂いたコメントのなかにも、「HUGプリの“IF”を感じられる」というご感想があったのですが、
私自身、この剣のそういう部分 ―― ありえたかも知れない別の可能性 ―― に魅力を感じています。
またそんなサイドストーリー的な人物・世界線・アイテムが出たら面白いなと。



私事ですが、最近ジョブチェンジをしまして、新しい職場で自分の新たな可能性に挑戦中です。
ありえたかもしれない別の未来を捨て、自分の信じる道に進むことにしたわけです。
偶然とはいえ、この剣を作ったのは、なにか通じるものを感じたからなのかもしれません(笑)



というわけで気持ちを新たに、今後も作りたいものを作りたいように具現化していきますよ!

その前に・・・9月末のスタプリライブが楽しみでなりません!!(今回も昼夜両方参加します☆)
たぶんまたブログにしちゃうんだろうなw

ではまた、次の記事でお会いしましょう!

☆ULTRA HAPPY☆

スポンサーサイト



【自作フィギュア】『キラキラ☆プリキュアアラモード』 立神あおいのギター


チャオ!ごきげんよう!MS-SMILE/まっぷるです。
今回の記事は久しぶりの、フィギュアに持たせる自作小物シリーズです!

紹介するのはこちら!
ブログ用DSC_0752改

ブログ用DSC_0742改

『キラキラ☆プリキュアアラモード』より
ミニチュア: 立神あおいのギター を作りましたー!


ブログ用DSC_0743改

ブログ用DSC_0749改

ブログ用DSC_0747改


ウォォォォーーーー!!!
燃えてきたぁぁぁあぁぁぁ!!!




ブログ用DSC_0761改

以前、えみるとルールーのギターの記事の最後に宣言した通り、
ちゃ~んとあおちゃんギターを完成させましたよw

本当は1月ごろから着手していたのですが、色々あって遅くなりました。。



今回はえみるのZO-3やえみルーギターのときのようなノンスケールではなく、
あおちゃんギターのモデルとなった“テレキャスター”の1/12スケールで作っています。

ブログ用DSC_0754改 ブログ用DSC_0755改

裏表ともに、デザインは設定資料集に合わせたのですが、表面しか色付きの設定資料を持ってなかったので、
裏面の黒い部分は実在のテレキャスターを参考に適当に塗りました。
(誰か正しい色をご存知でしたら教えてください...w)

設定資料集は線画のみでしたし、アニメージュやファンブックにも裏面の色付き画像は見当たりませんでした(汗)

まあ、あおちゃんギターはバリバリに改造されてそうなので、自由に作っていいんだと割り切りました(笑)



ブログ用DSC_0759

ブログ用DSC_0757

ブログ用DSC_0758

先述したえみるのZO-3やえみルーギターと同様、既製品の改造ではなく、
厚紙、木工パテ、テグス、爪楊枝(竹・木)で作ったオリジナルです。

塗装の途中で壊れて泣きそうになりながら何とか完成しました。
・・・アップで撮ると粗が目立つのは許して!(笑)


ここで、フィギュアーツの付属品のギターエフェクトと比較。
ブログ用DSC_0735_改

ブログ用DSC_0738改

キュアジェラートといったらV字のギターエフェクトですが、
立神あおいといえばやっぱりテレキャスター!どちらも良く似合います。



【製作過程】

ブログ用DSC_0353

まずは本物のテレキャスターの写真(色々種類がありますが、部品の形状が一致するものがありました)を実物の1/12スケールで印刷し、それを型紙にして厚紙を切り出し、貼り重ねていきます。

過去に作ったミニチュアギターは実スケールよりも少し大きめだったので、厚紙だけでも十分な強度がありましたが、今回は1/12スケールに徹底的にこだわったため、意外と小さくなってしまい、厚紙だけではネックが簡単に曲がってしまうと考えられました。そこで、
ブログ用DSC_0354

ブログ用DSC_0358

↑このように、ネック部分の中に竹爪楊枝を細く削ったものを芯材として埋め込み補強しました。


ブログ用DSC_0357

ブログ用DSC_0583

その他の部品はいつも通り、竹爪楊枝・木爪楊枝・厚紙・テグスで作成。
やはりいつもより小さいので、部品を揃えるのはもちろん、弦を張る作業は本当に大変でした...。

ブログ用DSC_0727

塗装はいつも通り100均のアクリル絵の具を筆塗りです。
シルバーの部分のみ、4アーティストマーカーのシルバーで塗りました。
最後に模型用つや消しトップコートを吹いて完成です。
(↑実は上の写真の時点でシルバーの部品を一つつけ忘れてました 汗)

※肩ひもはえみルーギターと同様、2枚がさねにしたコピー用紙を細く切ったものをベースにしています。



 ☆  ☆  ☆


ブログ用DSC_0744改

今回も苦心しながらも満足いくものが完成したと思います。
自分は敵キャラのフィギュアを作る方が好きなのですが、こうして小道具を増やすのもなかなか楽しいですね。

でもギターの弦を張るのは、そろそろ懲りました…。しんどいw
と言いながら、今後新たなギターが登場したら作っちゃうんだろうなぁ...(苦笑)


以上、ご覧いただきありがとうございました!それでは~!

☆ULTRA HAPPY☆

【自作フィギュア】『スター☆トゥインクルプリキュア』 ノットレイ軍団


チャオ!MS-SMILE まっぷるです。
久々に自作フィギュアの記事でございますよ~

今回作りましたのはこちら!
ブログ用ノットレイ_001_0566

『スター☆トゥインクルプリキュア』より、ノットレイダーの下っ端、
ノットレイ たちを作りました!


ブログ用ノットレイ_002_0573

ブログ用ノットレイ_003_0574

いつものフィギュアと違って、首が若干動く程度のギミックしかありませんが、
3体作ったので許して下さいm(_ _)m

色分けもかなり徹底して劇中に近付けたのですが、
写真じゃ分かりづらくて申し訳ないです…。

そんな簡易的な固定フィギュアではありますが、
プリキュアたちと絡めて色々遊べるように体型やポージングは吟味して作ったつもりです。

ブログ用ノットレイ_004_0575

ブログ用ノットレイ_005_0569

ブログ用ノットレイ_006_0570

↑スタプリ組に代わって、トゥインクルな星のプリンセスと戦わせてみましたw



環境の変化とか諸々の事情で
本っっ当に制作に割ける時間がなくて、我ながらあちこち粗が目立ちます…。
が、遊んでみて楽しかったので良しとしますw



【製作過程】

ブログ用DSC_0455

ブログ用DSC_0475

ブログ用DSC_0482

ブログ用DSC_0483


要するに石粉粘土で地道に造形しただけです。
頭と胴体は針金を挿して簡単に固定しているだけなので、首だけは動かせます。

構造は以前に作った『ハピネスチャージプリキュア!』のチョイアークたちに似ています。



頭頂部の触角(?)は爪楊枝を芯にしています。

光線銃は紙で作った型に石粉粘土を盛って作りました。
銃口の黄色い部分は太い皮膜付き針金の皮膜部分のみを輪切りにして加工したものです。

顔の「N」のマークは、マスキングテープを切り取って、色をつけた自作のシールです。

粗が目立つと申し上げましたが、表面処理がいつもより乱雑なのをごまかすため、
模型用サーフェーサーを吹いてから塗装を行いました。
ブログ用DSC_0558

ここからいつも通り100均のアクリル絵の具の筆塗り+つや消しトップコートで完成です☆
脚の裏のジェット噴射口(?)だけは面倒だったので黒サインペンで描きましたw


 ☆  ☆  ☆

さて、今回は私にしては珍しく、放送中=現行のプリキュア作品からピックアップしました。
完成度に色々不満は残りますが、また楽しいものが作れたのでそこは満足です。

ではまた、次の記事でお会いしましょう!


☆ULTRA HAPPY☆

【自作フィギュア】ミニチュア えみる&ルールー(ツインラブ)のハート型ギター

ごきげんよう! MS-SMILE/まっぷるです。
恒例のミニチュアフィギュア作例です。今回作成したのはこちら。

RURU_guitar_blog07.png

『HUGっと!プリキュア』より、愛崎えみるルールー・アムールハート型ギターのミニチュアマスコットです。
9月23日のルールーのお誕生日に合わせての作成です。

RURU_guitar_blog01.png

RURU_guitar_blog02.png

RURU_guitar_blog03.png

劇中では壊れてしまったえみるのZO-3ギターに代わって
ルールーがさあや(キュアアンジュ)、ほのか(キュアホワイト)の助力を経て作成しました。
本体はえみる・ルールーともにおそろいですが、肩ひもが相手の色になっています。
(えみる用は紫、ルールー用は赤)

RURU_guitar_blog04.png

RURU_guitar_blog05.png


材料は厚紙や爪楊枝、ミシン用のテグスを使用しています。

RURU_guitar_blog06.png
なるべく劇中のイメージに近くなるよう、1/10~1/12ぐらいのスケールを意識して作ってみました。
(さすがにルールーのように指で金属加工はしていません...w)
写真のモデルは主題歌も歌う、先輩アイドルプリキュアです。


~制作過程~

【材料】
・厚紙(ガンプラの箱) ・木工用パテ ・ミシン用テグス
・爪楊枝(木,竹) ・細いスチール針金(廃材) ・アルミ針金
・コピー用紙 ・真鍮針金 など

【塗装】
・アクリル絵の具(ダイソー)
・4アーティストマーカー シルバー(ガイアノーツ)

基本的な作業工程は前回作成した「えみるのZO-3ギター」と同様です。

RURU_guitar_blog10.png

RURU_guitar_blog11.png

RURU_guitar_blog12.png

本編のキャプ画から、さあや宅のパソコン画面の図面を適当なサイズに印刷し、
図面に合わせてカットした厚紙を積層して、細かい部分をパテで修正。

RURU_guitar_blog13.png

RURU_guitar_blog14.png

RURU_guitar_blog15.png

RURU_guitar_blog16.png

あとは爪楊枝や針金で作った部品を取り付ける、という流れです。
ZO-3には無かったレバーは、真鍮針金を曲げたものにマスキングテープを巻いて部分的に太さを変えて作りました。

RURU_guitar_blog17.png
↑肩ひもは細切りしたコピー用紙を木工用ボンドで貼り合わせたもの。差し込み部分は爪楊枝とかです。

RURU_guitar_blog18.png

塗装はいつものダイソーのアクリル絵の具の筆塗り。
シルバーの部分のみ4アーティストマーカーを使用。
仕上げにつや消しトップコートを吹きました。


~あとがき~

RURU_guitar_blog08.png

今回は前回のZO-3ギターに続いて、2本目・3本目のミニチュアギター作成でした。
作業自体は慣れてきたはずなのですが、仕事が多忙だったこともあり、
私がダラダラと作業を先延ばしにしてしまい、結局かなりの時間を要してしまいました。反省。。
ZO-3を作った際には「もうやりたくない気持ち半分、またやってみたい気持ち半分」でしたが、
普通のフィギュア作りとはまた違った工夫を凝らせるので結構楽しいことに気づきました。
次はあおちゃん(立神あおい)のテレキャスターを作ってみようかな、なんて考えています。
その前に、作りかけのフィギュアがあるので、まずはそちらから...(^_^;)
それではまた~!

☆ULTRA HAPPY☆

【自作フィギュア】 ミニチュア 愛崎えみるのギター & ぬいぐるみ

ごきげんよう! MS-SMILE/まっぷるです。
久しぶりの立体工作でございます。今回作成したのはこちら。

EMIRU_guitar_blog14.png


『HUGっと!プリキュア』より、愛崎えみるのギター
・・・のミニチュアマスコットです。
おまけでえみるの部屋にあったぬいぐるみ
のミニチュアも作りました。7月15日のえみるのお誕生日に合わせての作成です。


EMIRU_guitar_blog11.png

EMIRU_guitar_blog12.png



【えみるのギター】

EMIRU_guitar_blog04.png
材料は厚紙や爪楊枝、ミシン用のテグスを使用しています。

モデルとなったのはFERNANDESの“ZO-3”という機種。「ぞうさん」の愛称で親しまれている小ぶりなエレキギターで、ネックの部分を鼻に見立てると、横から見た象のような形をしています。私も楽器屋さんで実物を手にとって見てみましたが、小さくてかわいらしいデザインがえみるにぴったりだと思いました。
また、丸いところにスピーカーが内蔵されていて面倒なセッティングが必要ないので初心者にも扱いやすいのだとか。小学生が持っていても違和感はありませんね。


今回のミニチュアはあくまでアニメ作画用にディフォルメされた“えみるのギター”に合わせたものであり、実際のZO-3のデザインに忠実なわけではありません。しかし、立体化する以上はホンモノ感を出したかったので、いろいろ工夫を盛り込んでみました。


EMIRU_guitar_blog09.png
100円玉と比較するとこんな感じ。全長8.3cm程度です。

EMIRU_guitar_blog15.png

EMIRU_guitar_blog16.png

EMIRU_guitar_blog17.png

フィギュアーツに持たせると丁度よいかな??ぐらいのサイズで作成しました。
実際のZO-3は全長83cm程度とかなり小ぶりで、偶然にも10分の1スケールぐらいに仕上がりましたが、
フィギュアーツのような12分の1スケールとの相性を考えるともう少し小さくてもよかったかもしれません。



~制作過程~

【材料】
・厚紙(ガンプラの箱) ・木工用パテ ・ミシン用テグス
・爪楊枝(木,竹) ・細いスチール針金(廃材) ・アルミ針金

【塗装】
・アクリル絵の具(ダイソー)
・4アーティストマーカー シルバー(ガイアノーツ)


まず、WebでZO-3(本物)の写真を、いくつかの適当なサイズで印刷。
よさそうなサイズのものを基準に、紙に写し取って、えみるギター(アニメージュ掲載の設定画およびTV本編の絵)のデザインに寄せて修正を加えます。修正版を厚紙に写し取り、カットしたものを複数枚重ねてギターをカタチ作っていきます。
EMIRU_guitar_blog01.png

EMIRU_guitar_blog02.png

EMIRU_guitar_blog03.png

適宜、フィンガーボードだけを分厚くしたり、ボディだけを分厚くしたり、穴をあけてから接着したりと、立体的になるように積層し、出来上がったら側面を木工用パテや木工用ボンドで凸凹を平らになじませます。あとは各部品や弦を取り付けていきます。

フレット(銀色の横棒)は、フィンガーボードを爪でなぞって溝を掘り、そこに極細の針金を設置して瞬間接着剤で固定し、再現しています。このとき針金の表面についてしまった接着剤を爪楊枝で削り、針金の金属光沢を復活させました。

ボリュームつまみと底面のピンは爪楊枝(木)を加工したものを差し込んでいます。

ナット(黒色の、弦の細い付け根)とブリッジ(銀色の、弦の付け根)は厚紙。
これが弦を張る起点になります。弦はミシン用の極細のテグスを使用。

EMIRU_guitar_blog06.png

6本のテグスを、穴をあけたブリッジ(銀色)に通して団子結びにして接着。
ピンと張った状態でナット(黒色)となる部分を両側から貼り合わせて固定しました。

EMIRU_guitar_blog07.png
最後にヘッドに空けた6ヶ所の穴にテグスを通して、

EMIRU_guitar_blog08.png
木工用ボンドを塗った爪楊枝(竹)を打ち込んでクサビにすれば固定完了。クサビはそのままデザインに生かしています。ヘッドの裏に空いた穴を隠すように、ペグを6つ取り付ければ完成です。
このぺグ(先端の弦の調整つまみ)はアルミ針金に加工した爪楊枝(木)のカケラを接着して作成したものです。

EMIRU_guitar_blog05.png
塗装はいつものダイソーのアクリル絵の具を筆塗り。銀色の部分のみガイアノーツの『4アーティストマーカー』のシルバーを使用しました。メッキを施したような金属光沢が出て、良い感じです。

今回は初めて試みる技法が多い上に、かなり骨の折れる細かい作業ばかりで大変でしたが、
新鮮味があってなかなか面白かったです。
もう懲り懲り、という気持ち半分。またやってみたい気持ち半分。といったところですが、せっかくなのでまたチャレンジしてみたいです。


【えみるのぬいぐるみ】
EMIRU_guitar_blog13.png
えみるの部屋を覚えていますか?ソファの上で、さくらんぼのぬいぐるみとカネゴン似のぬいぐるみに挟まれて、ねずみさんとくまさんを足したようなデザインのぶっさいくなぬいぐるみが、ひときわ存在感を放っていました。ネット上でもボロカスに笑われていたそのぬいぐるみさんですが、えみるが困ったり行き詰ったときに一緒にいることから、ルールーと親友になる前の彼女にとっては最も心許せる友達の一人だったのでしょう。

EMIRU_guitar_blog10.png
紙粘土で概形をつくり、石粉粘土で整えました。ヒゲは極細の針金です。
塗装はいつも通りダイソーのアクリル絵の具の筆塗りです。縁取りなどに0.3mmのシャープペンも使いながらふんわりした色合いになるように工夫しました。塗りながら初めて気づきましたが、黒目は紫色なんですね~。
首と胴体は爪楊枝(テープを巻いて太らせたもの)を挿し込んで繋げているだけですので、多少は首を左右に振ることができます。





~あとがき~
仕事や昨年手術した脚のリハビリに追われ、
前回の更新から気付けば1年も経ってしまいました…(めちょっく)。
すきま時間はたくさんあったので『キュアぱず』で遊ぶぐらいはできたのですが、
最近ようやくまとまった時間が取れるようになったので、
趣味の工作を再開いたしましたm(_ _)m
疲れが溜まりやすい体質になってしまって思うように趣味がはかどりませんが、
フレフレ!わたし(涙)


☆ULTRA HAPPY☆
プロフィール

まっぷる

Author:まっぷる
MS-SMILE/まっぷる です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR